校長ブログ

【南小】挨拶運動、ヘアドネーション

2022年12月1日 13時29分

 今週は、今年最後の挨拶強化週間です。朝の昇降口前は、気持ちの良い挨拶が響き渡っています。いつも挨拶運動を行っている有志の皆さんに加え、児童会役員・総務委員が挨拶・笑顔を率先垂範しています。校門の前には、PTA・地域有志の方々も立ってくださっています。

 今日から12月、挨拶と笑顔で令和4年の有終の美を飾りたいですね。

 さて、「ヘアドネーション」という言葉を知っていますか?「ヘアドネーション」とは、病気と闘う子どもたちにウィッグ(かつら)を送る活動です。もう少し詳しく言うと、小児がんや脱毛症などの病気や事故などで頭髪に悩みを抱える子どもたちに、寄付された髪の毛で作った医療用ウィッグを無償で提供する活動です。

 南小学校には、この活動に参加するために髪を伸ばしている児童が6名います。そのうちの3名(大橋きょうだい)は、11月23日の中日新聞朝刊なごや東版に掲載されていました。大橋3きょうだいは、11月20日の「にっしん市民まつり」の中でも、家族でブースを出してヘアドネーションをPRしたそうです。

 一人の子にウィッグを送るのに、約30~50人分の髪の毛が必要で、また、参加するには31cm以上のカットできる長さが必要だそうです。南っ子6名は、今年度末の3月に髪の毛を切って寄付する予定です。南っ子の髪の毛が、ウィッグを待っている子どもたちの笑顔につながると良いですね。

【南小】こんなことできちゃうよ大会

2022年11月30日 11時11分

 南小学校では、今年度も恒例の「こんなことできちゃうよ大会」を開催しています。南っ子たちが1分以内で特技や芸を披露する企画です。主催は集会委員会で、先月から着々と準備を進めてきた結果、2年生から6年生まで(1年生は不参加)全部で39組(総勢100名)の応募がありました。素晴らしい!学校全体の活力や盛り上がりを感じます。

 28日・29日・30日の長い放課を使って、体育館でオーディションを行いました。そこで審査員の集会委員に、「もう一度観たい!」と思わせた精鋭が選ばれます。12月5日~7日の「にこにこタイム」に、改めてオーディション合格者の本番撮影が行われ、各教室でその編集動画を視聴する計画です。

 今日は2年生14組がオーディションを受けていました。コントやダンスなど多種多様な内容で、観ていて心がほっこりしました。オーディションの合否にかかわらず、そのチャレンジ精神と自らの可能性を広げようとする姿勢は素晴らしいと思います。

※写真は、本日の「こんなことできちゃうよ大会」オーディションと図書ボランティア「朝の読み聞かせ」(2年・はな2組)の様子です。

【南小】ミシンボランティア

2022年11月29日 13時53分

 現在5年生は、家庭科「ミシンにトライ!手作りで楽しい生活」の学習で、ミシンの基礎縫いを練習しています。子どもたちにとっては初のミシン使用となるため、より安全・安心な授業を目指し、保護者の方にサポートしていただいています。

 ミシンボランティアには、なんと18名もの保護者の皆様が応募してくださいました。本当にありがたいことです。今日は、5・6時限の1組の授業に4名のミシンボランティアが来てくださいました。

 子どもたちは、初めてのミシン体験に悪戦苦闘しながらも、楽しそうに取り組んでいました。ミシンボランティアの皆さんは、家庭科室内を回りながら、困っている子や質問してくる子に的確なアドバイスをしていました。子どもたちと一緒に考えながら取り組む微笑ましい様子も見られました。

 基礎縫いの練習後、エプロンの製作に取り組む予定です。マイエプロンの完成が本当に楽しみですね。

※写真は、本日5・6時限目の家庭科授業(5年1組)と、今朝の図書ボランティア「朝の読み聞かせ」(1年・はな1組)の様子です。

【南小】ZOOM朝会「人権週間」

2022年11月28日 16時58分

 本日のZOOM朝会では、たくさんの表彰を行いました(愛知地区教研読書感想文コンクール、全国納税貯蓄組合連合会主催「税に関する習字」、日進市学校給食献立コンクール、赤い羽根協賛児童生徒作品コンクール書道の部、男子バスケットボール交流会、大阪国際音楽コンクールユース部門、ショパン国際ピアノコンクール in ASIA【地区大会】)。

 本野君(2位)と田中さん(3位)の大阪国際音楽コンクール入賞については、11月24日(木)の中日新聞朝刊なごや東版にも掲載されていましたね。この秋も、南っ子たちはいろいろな分野で大活躍しており、素晴らしいと思います。

 「人権週間」に関する教頭講話概要は、次の通りです。

「毎年12月4日~10日は人権週間です。自分もお友だちも一人一人が違うことを知り、それぞれの違いを大切にすることを考える一週間です。『人権』とは、一人一人が生まれたときから持っている『自分らしく生きる』権利のことです。

 権利って少し難しい言葉ですが、つまりは、みんな生まれたときから『自分らしく生きて良いですよ』とされているのです。それは、自分勝手とかワガママとは違います。みんながみんな違うように、全部が同じ人なんて誰もいません。

 この期間中に、自分の好きなところはどんなところか考えてみましょう。自分自身の素敵なところを見つけた分、自分のことをもっと好きになるかもしれませんね。また、友だちの素敵なところや自分と友だちの違うところを考えてみましょう。

 一人一人良いところ、素敵なところをたくさん持っています。それを『個性』と言います。みんながそれぞれ違うところを認め合いながら、自分や友だちの素敵なところをたくさん見つけてみましょう!

【南小】交通指導員、花壇の看板

2022年11月25日 15時25分

 12月1日(木)から新たに、南小学校に交通指導員さんが来てくださいます。これで、本校の交通指導員は3名になりました。左上写真の左から、折戸町前田交差点・おりど病院南担当の成田育子さん、新たに折戸交差点(ローソン)担当となる笠井耕治さん、日進駅北交差点担当の長尾靖明さんです。

 笠井さんが実際に折戸交差点(ローソン)に立たれるのは、研修期間後の12月8日(木)からです。南っ子たちの安全・安心を見守ってくださる方がまた一人増えました。本当にありがたいことですね。

 さて、50周年記念花壇は秋の日差しを浴びながら、どんどん美しさを増しています。そして今日、この花壇がこれからも美しさを維持し、南小の名所であり続けてほしいという願いを込めて、看板を設置しました。長持ちするように素材は金属製とし、セメントで脚を固めました。諸費用は、歴代PTA会長有志の皆様からの寄付金から捻出させていただきました(11/9ブログ参照)。

 南小の授業研究はまだまだ続いており、今週も二つの研究授業が実施されました(9/20ブログ参照)。火曜日の家庭科(5年2組)と本日の算数(2年2組)です。どの学級でも全員が、目標に向かって真剣かつ楽しく学び合っています。ICT機器の力も大きいですね。

【南小】ワールドカップ

2022年11月24日 10時59分

 南っ子たちが活躍する50周年記念行事も、学習発表会の終了で一区切りつきました。するとどうでしょう。南小の周年行事を引き継ぐかのように、世界最大のスポーツイベントであるサッカーのワールドカップ カタール大会が始まっています。

 4年に1度の国の威信をかけた戦いに、全世界が熱狂の渦に巻き込まれています。私もワールドカップの期間中は、テンションが上がりっぱなしです。特に昨夜の日本対ドイツ戦では、歴史的な瞬間をリアルタイムで観ることができ、試合終了と同時に涙が溢れていました。

 サッカー先進国のドイツ(ワールドカップ優勝4回)は常に日本の目標であり、私が生きている間に日本がワールドカップでドイツに勝つ日がくるとは夢にも思っていませんでした。日本サッカーの基礎をつくったドイツ人デッドマール・クラマー氏(日本サッカーの父)も、天国で泣いて喜んでいることでしょう。「ドイツ人にゲルマン魂があるように、君たちにも大和魂がある」(クラマー名言集より)

 この歴史的偉業は全ての日本人に、大いなる感動とともに希望や自信を与えたのではないかと思います。ワールドカップ初出場を逃した「ドーハの悲劇」は、「ドーハの歓喜」に塗り替えられました。この勢いで、是非、ベスト8以上にいって日本代表の新たなる歴史を刻んでほしいと思います。頑張れニッポン!頑張れ「SAMURAI BLUE 」!

※写真は、今日の3年生校外学習(尾三消防本部日進消防署の見学)の様子です。

【南小】いい夫婦の日

2022年11月22日 18時24分

 今日は「いい夫婦の日」と言われています。このように、日付の数字を利用して語呂を作り、特別な記念日になっている日がたくさんあります。誰でも歴史の年号を語呂で覚えた経験があると思いますが、特定の事柄を盛り上げようと日付を語呂にして記念日にするという文化が日本にはあります。

 例えば、6月4日「虫歯予防デー」、7月10日「納豆の日」、9月9日「救急の日」などです。語呂合わせのできる日本語って本当に面白いですね。

 さて、先日、岩崎城天守閣プロジェクションマッピングを観てきました。予想以上に素晴らしく、岩崎城愛が一段と高まりました。次の大河ドラマは、徳川家康が主人公です。「岩崎城の戦い」は、家康が天下人になるための重要な戦いなので、ドラマでも取り上げられるのではないかと期待しています。

 2023年大河ドラマ「どうする家康」とともに、岩崎城への注目は更に高まっていくことでしょう。プロジェクションマッピングを見逃してしまった方は、是非、岩崎城のデジタルライトアップ(~12/25)をご覧ください。日進市民の誇り、岩崎城が熱い!

【南小】バスケ男子大会

2022年11月21日 08時35分

 11月19日(土)の午前中、日進市立梨の木小学校体育館にてバスケットボール部の男子大会(俗称:ボンバイエカップ)が開催されました。正式な大会(日進市小学校球技大会)のバスケットボールは、女子しか参加資格がないため、部活動の一環として今大会が計画されました。参加した学校は、西小・東小・梨の木小・竹の山小・南小の5校です。

 南小学校は、初戦で東小と当たり、42対38で辛勝しました。終盤に逆転を許して1ゴール差で負けていたのですが、ラスト40秒で試合をひっくり返しました。ドラマのような奇跡の大逆転勝利で、選手もベンチも大盛り上がり!私も思わず大声を出して派手にガッツポーズをしていました。

 決勝の西小戦は中盤まで互角の展開でしたが、エースの負傷離脱等の影響もあり、後半はどんどん点差が広がって34対59で力負けしました。しかし、全力を出し切った選手たちの表情は、充実感に満ちていました。選手のみんな・顧問の先生方・応援団(女子部員・保護者・教員等)が一丸となって掴んだ準優勝、胸を張っても良い結果ですね。

 大型商業施設「プライムツリー赤池」が、日進市内の全小学生にノートを寄贈してくださいました。11月17日(木)の中日新聞朝刊なごや東版によれば、“5周年の節目に感謝を込めて企画した”とのことです。「地域とともに発展していきたい」という理念が素晴らしいと思います。5周年のプライムツリー赤池から50周年の南小への贈り物に、南っ子たちは大喜び!50周年記念学習発表会を精一杯頑張ったご褒美になりました。

【南小】学習発表会(2・4・6年の部)

2022年11月18日 15時49分

 本日も小春日和の下、50周年記念学習発表会(2・4・6年の部)を開催しました。どの学年の発表も、スローガンんなが主役! んの役だって輝ける! んなの学習発表会!」どおり、一人一人が輝いてまぶしく見えました。特に6年生の合唱は、まさに「天使の歌声」で、南小卒業後に新たな世界へ羽ばたいていく夢や希望が感じられました。

 校舎内を回ると、リハーサル(校内発表会)で鑑賞した他学年に送った感想・激励の手紙や、クラスメイト・担任の意気込みを寄せ書きした模造紙などがあちこちに掲示されていました。南っ子たちの50周年記念学習発表会への熱を感じるとともに、こういう気持ちが素晴らしい発表に繋がっているのだと感じました。

 やっぱり、南っ子たちは凄い!  私にとっては世界一素敵な学校です!

 保護者の皆様のご理解・ご協力により、今日も発表会は大変スムーズに進行しました。折戸区自主防災会の皆様は、二日間に亘って発表会の開始前から終了後まで交通整理をしてくださいました。50周年記念花壇も光り輝いていました。こういった地域の方々の支えがあってこその大成功です。本当にありがとうございました。

 行事を通して子どもたちは成長し、一回りも二回りも大きくなります。事後指導もしっかり行い、次の目標に向かわせたいと考えています。ご家庭でも、学習発表会と今後の目標等について話題にしていただけると幸いです。

【南小】学習発表会(1・3・5年の部)

2022年11月17日 16時32分

 絶好の秋晴れの下、50周年記念学習発表会(1・3・5年の部)を開催しました。どの学年の発表も、リハーサルよりレベルアップしていました。子どもたちが一生懸命頑張っている姿を観ていると、自然に心が揺さぶられます。どの発表にも「レオなん」が登場しており、50周年の特別感がありました。

 発表を終えた後の南っ子たちの表情は、達成感・満足感等に満ち溢れていました。先生方の安堵した表情も印象的でした。児童と先生が一緒に創り上げてきた今日の発表は、発表する側も観る側も感動する出来栄えだったと思います。

 保護者の皆様のご理解・ご協力により、発表会は大変スムーズに進行し、駐車場(運動場)や体育館内のトラブルもありませんでした。折戸区自主防災会の方々による手際の良い交通整理と好天が徒歩・自転車での登校を促したことも、渋滞や混雑がなかった大きな要因だと思います。

 また、帰り際にたくさんの保護者が、50周年記念花壇を観賞していました。その素晴らしい出来栄えに感心する声が多く聞かれました。これまでの、花・メンテナンス・除草の各ボランティアの皆さん、そして園芸委員会や地域コーディネーターの井上さんたちの努力を思うと胸が熱くなりました。