先生たちがブツブツブツ…

うらやましいなあ。

2022年1月19日 16時34分

こんにちは、村瀬です。

先程まで屋外で作業に勤しんでおりました。

最近は、冷え切った手をお湯で洗い流し、

じんじんと体温が戻る感覚を、密かに楽しんでおります。

 

さて、本校では今週一杯、

「特技見せちゃおうぜ大会」

が開催されております。

その名の通り、自分の特技を全校に発表する会です。

ダンスに漫才、体操にバレエ、バイオリンにBMXなどなど、

多種多様な特技が発表されております。

昨今の情勢で、残念ながら放送での披露となってしまいましたが、

画面越しでも十分そのすごさが伝わってきます。

 

このイベントは、名前こそ違えど、長い間行われています。

6年前、村瀬が相野山小学校に赴任した年も開催されていました。

その際、現在は他校に転勤されたU先生から、

「初めて来た人は、この会に出場しないといけないんだよ」

と、告げられました。

根っからの人見知りで恥ずかしがり屋ですし、

かつて先輩教師から、

「教員は子どもより目立つようなことをするでない」

との教えを受けておりましたので、辞退しようと考えました。

しかし、U先生があまりにも真剣な顔で諭してくるものですから、

伝統には抗(あらが)ってはならないと思い、

引き受けることにしました。

 

引き受けたはよいものの、

当然ながら、村瀬には特技なんてありゃしません。

強(し)いて言えば、

「大きな音で拍手をならせる」

という技がありますが、

舞台でそれを披露しても、オーディエンス(観客)はきょとんと静まりかえり、

体育館にただパンパンと音が高らかに響くだけ、

という惨事(さんじ)が容易に想像できます。

散々苦悩した挙げ句、一つの考えが浮かびました。

「そうだ、特技がないなら、つくればいい!」

 

期間はわずか1週間しかありません。

新しい技の習得に、

寝る間を惜しんで努力する日々が始まりました。

そのかいあって、どうに形にすることができました。

その特技は、

「鼻リコーダー」

その名の通り、鼻息でリコーダーを吹く技です。

しかも、鼻の穴それぞれを使い、同時に2本奏でるという大技です。

片手での演奏なので、「ソ」から高い音を奏でることができない欠点はありますが、

それでも子どもたちの度肝(どぎも)を抜くに違いありません。

曲は、世界的名曲で、片手でほとんど弾ける曲、

「ミッキーマウスマーチ」です。

片手で対応できないところは、口で音を奏でる技もぬかりなく用意しています。

 

というわけで、いざ本番。

体育館に集まった大勢のオーディエンスに魂の演奏をぶつけます。

「ド・ドド・ドド・ドド・ドレ・ドシ・ラソー」

上々の滑り出しです。

オーディエンスもあまりの高等テクニックに言葉を失っている様子です。

しかし、良かったのは、そこまで。

息を使い切り、あまりにもたくさん空気を吸いすぎて、

次に放出した鼻息が荒くなってしまい、へんてこりんな音を奏でてしまいました。

そのとたん、児童会の子どもが「チーン」と終了のベルを鳴らしました。

オーディエンスからは嘲笑が飛び交い、

村瀬は泣きながら舞台を後にしました。

終了後、着任した教師は参加が義務、というU先生の言葉は、

真っ赤な嘘であるということも判明し、

職員室でも号泣するはめになったのでした。

 

そんな淡い思い出を浮かべながら、

今日もそれぞれの特技に見入っていました。

どの子どもも、村瀬とは違いちゃんとした特技です。

きっと、その裏側には、重ねた苦労や努力がはずです。

披露された技はもちろんですが、

特技を身に付けるに至った、

「道のり」を称(たた)えたいと思います。

 

まぶしい子どもたちに羨望(せんぼう)の思いを抱きつつ、

明日からの放送も楽しみにしている、村瀬なのです。

 

それでは、また。

くるりんバスとリニモに乗って。

2022年1月13日 14時45分

こんにちは、村瀬です。

朝、運動場や植え込みにうっすら雪が積もっていて驚きました。

ぶつけ合うには少なすぎるので、

合戦をしている子どもはほとんどおりませんでした。

 

そんな予報だったかしらと首を傾げていたら、

「村瀬、今年もしっかり、天気操(あやつ)るよねえ」

と、隣の席のY先生がにやついています。

それもそのはず、

今日はあいあい学級の校外学習の引率者として、

村瀬も名を連ねていたからです。

 

というわけで、

いつ降りだしてもおかしくない空模様の下、

今日は「トヨタ博物館」へと足を運びました。

個人的には7年ぶりの来館です。

 

今回は「くるりんバス」と「リニモ」に乗って目的地に向かうという、

子どもたちにとってはちょっとした冒険的スケジュールです。

考えて見ると、村瀬は「くるりんバス」の乗車は初めてのことでした。

そして「リニモ」も、

我が娘「まーがれっと」(通称)が3才の頃、

母親が不在でぐずりまくっていたときに、なだめる手段として乗車し、

藤が丘-八草間を意味もなく3往復したとき以来でした。

 

村瀬と同様に、

乗車が初めてだったり久しぶりだったりする子どもばかりで、

わくわくしている様子が見てとれました。

「リニモ」では、自分で乗車券を購入する体験もしました。

これはとっても大切な学びの場になったと思います。

 

博物館では、事前学習で見ていた自動車を探したり、

いただいたパンフレットの写真に乗っているものを探したりして、

楽しみながら見学することできているようでした。

 

今回も多くの保護者のみなさんにご参加いただきました。

そのおかげで、学びを深めることができたのだと思います。

本当にありがとうございました。

 

あいあい学級では、まだ幾つか校外学習を予定しております。

暗い影が急速に忍び寄ってきておりますので、

今後のスケジュールも心配です。

しかし、子どもたちの姿を見ていると、

どうにか実施したいという思いが強くなります。

 

ういるすなんて、

この極寒の風に宇宙まで吹き飛ばされてしまえ。

そんな夢想を描きつつ、身を縮めながら帰路についていた、村瀬なのでした。

 

それでは、また。

3学期、スタート!

2022年1月7日 10時16分

こんにちは、村瀬です。

暦の上では、7日までが「松の内」ということで、

一応本日まで正月らしいですね。

じゃあ今日まで休ませてくれよ!

そしたら冬休みが4日延びたじゃないか!

という子どもたち(村瀬?)の声が聞こえてきそうです。

 

それでも、

子どもたちの元気なあいさつや笑い声が響いてくると、

通常の学校に戻ったなと嬉しくなります。

まあ、放課の時間に「掃除の音楽」を奏でてしまうなど、

村瀬の頭の中はまだ正月を漂ってはおりますが。

 

今日の始業式には、「寅次郎」と名乗る珍客も登場しました。

「がんばりタイガー」とか、「いろいろトラいしよう」とか、

なかなかのごあいさつをかましていらっしゃいましたが、

全ては子どもたちを笑顔にするためなのだろうと感じます。

 

こんな感じで、

平和で穏やかな日々が続いてくことを願ってやみませんが、

例の状勢は日々緊迫感を増しております。

子どもたちにも保護者のみなさんにも、

再び協力をお願いしたり、我慢を強(し)いたりする場面も訪れるかもしれませんが、

相野山小らしく、みんなで手を取り合って乗り越える、

今年もそんな一年であってほしいとも希望しております。

 

残りわずかになった今年度も、どうぞよろしくお願いします。

それでは、また。

明けました!

2022年1月4日 09時58分

明けましておめでとうございます、村瀬です。

2022年が幕を開けました。

今年は一体、どんな年になることでしょう。

できるだけ明るい未来を描きたいものですね。

 

年始早々、嬉しいことがありました。

それは、本校に住む長老である、

うさぎの「ホワイトソックス」が、

無事に年越しできたことです。

実は、2学期の終業式の日、

彼は大けがをしてしまいました。

高齢であり、昨年は仲間の2羽が相次いで旅立ってしまいましたので、

その時がいつきてもおかしくない、と憂慮しておりました。

獣医さんから処方された薬が効いてくれたのか、

どうにか新しい年を一緒に迎えることができました。

まだ完治とはほど遠い状況ではありますが、

とにもかくにも、嬉しいことです。

 

そんなしあわせな出来事が、

今年も相野山小学校や地域でたくさん芽吹くことを願っております。

というわけで、

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

当然のことながら、

頭が全然回っていない仕事始めですので、

今日はここらで退散します。

 

それでは、また。

2学期終了。

2021年12月23日 14時11分

こんにちは、村瀬です。

いよいよ、2学期最終日です。

 

今日はいつもより早く目が覚めました。

部屋の窓から外を見ると、陽が昇る直前で、

濃紺から橙色(だいだいいろ・オレンジ色)へと変化する、

反則級の美しいグラデーションが東の空を染めていました。

相野山に向かう道中には、朝陽がきれいに登り始め、

また、反対側には、雲一つない青空に月が静かにたたずんでいました。

「寒椿(かんつばき) 月は西空 日は東」なんて、

こじゃれた俳句が頭に浮かびます。

「菜の花や 月は東に 日は西に」という、

与謝蕪村(よさぶそん)さんの俳句を見事にオマージュして(くすねて)おりますが。

沿道の枯れ草には霜が降り、水田の水たまりには氷が張っています。

それもまた、素敵な光景だなと、趣(おもむ)きを感じ、

なんだか今日は文化的な人間だなあ、

なんて少し自分に酔いしれながら学校付近まで来たとき、

気付きました。

下半身が「寝巻(ま)き」であることに。

 

というわけで、村瀬は相変わらずのまま、この一年を終えそうです。

一方、子どもたちは、着実に成長していることを感じています。

個人的に強く思うのは、

「目を見てあいさつ」ができるようになった子どもが、

一学期に比べて格段に増えてきたことです。

小さなことかもしれませんが、

この習慣は、生涯に渡って生きてくるものだと思います。

ぜひ、これからも大切にしてほしいなと願っています。

 

もちろん、その他のことでも、成長は見られます。

今年の2学期は、

修学旅行や学習発表会などの学校行事だけではなく、

校外学習や出張授業といった、学年行事を数多く行うことができました。

それぞれの行事は、机上で学ぶことのできないものを身に付ける、

大切な時間となります。

それができたことも、成長を促す一助になったように思います。

 

今学期も、いつもと変わらず、

相野山小学校は多くの方々に支えられてきました。

 

消毒・草刈りボランティアに来ていただいたみなさん、

登下校の見守りを続けていただいたみなさん、

PTA・家推の行事を企画・運営していただいたみなさん、

校外学習や出張授業で学びを深めていただいたみなさん、

学習面でも施設面でも助けていただいた数々の業者のみなさん、

様々な面で学校をサポートしていただいた市役所のみなさん、

そして何より、

子どもたちの日々の生活を、しっかりと支え続けてくださった保護者のみなさん、

本日を無事に迎えられたことを心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

明日から冬休みです。

例の状勢に少しずつ雲がかかってきている雰囲気がありますが、

健康に十分留意していただきつつ、

各ご家庭で少しでも素敵な思い出が創られますよう、

心より願っております。

 

さて、

希有(けう)なこのページの読者のみなさん、

これが今年最後のぶつぶつになるかもしれません。

今学期もお付き合いいただき、ありがとうございました。

ということで、念のために伝えておきます。

 

それでは、良いお年を。

ついでに、めりーくりすます。

サンタが体育館にやってきた!

2021年12月22日 14時40分

こんにちは、村瀬です。

本日は冬至ですね。

また冬が深まりを見せる時節ですが、

今日は日射しがとてもあたたかいです。

ありがたやありがたやと、お日様に手を合わせています。

 

そんな中、

本日は多くの時間、

教室や運動場、体育館から歓声があがっております。

明日は終業式ですので、今日が通常日課の最終日。

ということで、

「クリスマス会」「お疲れ様会」「忘年会」と、

名称は様々でしょうが、

多くの学級で「お楽しみ会」が繰り広げられております。

 

学年で楽しんでいた2年生のもとには、

サンタクロースまで現れました。

「メリー クリスマース!」

という言葉と共に、

「ソーシャール ディスターンス!」

という言葉を連呼し、

子どもたちに「コール&レスポンス」を要求していらっしゃいました。

また、来日して間もないようで、

片言の日本語で子どもたちとお話になっていらっしゃいました。

普段はメガネをしているそうですが、

ビジュアルを気にされ、外したはいいものの、

視野がぼやけて歩行がおぼつかなくなってもいらっしゃいました。

帰り際、子どもたちに「○○先生、ばいばーい」と声を掛けられていましたが、

確かによく似たお姿だったように感じます。

(おそらく、校長ぶろぐ「児童の活動」で写真が公表されることと思います。)

 

そんなサンタクロースの姿を、

職員室にいた教員ほとんどが、野次馬がてらに見に行ってしまう、

今日も、平和な相野山小学校なのでした。

 

それでは、また。

ナイスゲーム!

2021年12月20日 10時12分

こんにちは、村瀬です。

2学期もいよいよ最終週となりました。

子どもたちの頭の中は、

しゃんしゃんしゃんと鈴の音が鳴っているに違いありません。

遠い地から、サンタさんは出発した頃でしょうか。

 

さて、先週の土曜日、

バスケットボール部の大会が開催されました。

会場の香久山小学校と赤池小学校を相手に、熱戦を繰り広げました。

(おそらく、間もなく校長ぶろぐ「児童の活動」に写真付きで紹介されるでしょう。)

 

多くの保護者のみなさまにもご来場いただき、

さながらホームゲームかのような雰囲気で、

子どもたちは試合に臨むことができていたようでした。

常時換気が求められていたので、体育館は極寒ではありましたが、

子どもたちの熱いプレーのおかげで、心をぽかぽかと温めることができました。

村瀬はカメラマンとしてちょこまか動いていましたが、

子どもたちの熱いプレーのせいで、被写体がぶれぶれの写真まみれになりました。

もしかすると、これは、ただの技量不足のせいかもしれません。

 

香久山小の先生方は、

応援団の待機室まで用意してくださり、

試合がない時間も震えて過ごさずにすみました。

加えて、

村瀬と校長先生は、香久山小学校に勤めていた時期があり、

ここがこうで、あれがああで、こんなことやあんなことがありましたわ、

などと、(勝手に)少しだけ学校探検をしながら、

思い出話に花を咲かせることもできました。

 

昨今の情勢により、大会の規模は縮小してしまいました。

それでもやはり、子どもたちの懸命な姿や笑顔を見ていると、

子どもたちにとっても、保護者のみなさんにとっても、学校にとっても、

このような活躍の場は、とても大切なものであることを再認識しました。

 

応援に駆けつけてくださった保護者のみなさん、

また、会場準備にご尽力いただいた香久山小学校の先生方、

子どもたちのために一緒に汗を流していた、顧問のダブルY先生&A先生、

そして何より、

何かに向かって全力を注ぐことの素晴らしさを見せてくれた、バスケットボール部のみなさん、

素敵な時間を本当にありがとうございました。

 

次はサッカー部の大会です。(1月22日を予定しています。)

どうか無事に、開催されますように。

 

それでは、また。

祝! 受賞!

2021年12月17日 15時05分

こんにちは、村瀬です。

本日、2度目のぶつぶつです。

 

と、いいますのも、

タイトルの通り、めでたいことがありましたので、

ここにご報告させていただきます。

 

この度、相野山小学校は、

『第12回 にっしん緑のカーテンコンテスト』において、

最優秀賞(公共施設部門)を受賞いたしました!!

 

最優秀ですよ、みなさん!

最も優(すぐ)れて秀(ひい)でている賞ですよ!

すごくないですか?

当然のことながら、村瀬はそんな賞いただいたことはありません。

 

このコンテストは、

いわゆる「グリーンカーテン」のコンテストだと考えていただければよいかと思います。

今年はなんと、幅7m、高さ3.7mを越えるヘチマの立派なカーテンが出来上がりました。

(校長ぶろぐ「児童の活動」に写真が載せられております。ぜひご覧下さいませ。)

 

4年生が理科の学習でヘチマを活用するため、5月頃に植えました。

4年生だけでなく、

用務員のKさんやお花の師匠E先生、S先生が、

毎日絶え間なく水をやり、雑草を抜き、愛情を注いできた成果が見事に表れ、

受賞に至ったのでした。

 

相変わらず村瀬は何もしていませんが、

唯一、応募用紙に記入して送る、ということだけは責任をもってやりました。てへ。

 

ということで、

ヘチマたわしで身体を洗ったり、ヘチマ水でお肌を整えたりしながら、

各ご家庭で盛大にお祝いをしていただければと思います。

 

それでは、また。

夜空を見上げて。

2021年12月17日 13時00分

こんにちは、村瀬です。

久しぶりの雨降りスタートでしたね。

今は曇り空ではありますが、

雨もやみ、体育の準備運動のかけ声が運動場から聞こえてきます。

 

さて、火曜日の出来事です。

村瀬は珍しく勉強しました。

それも、講師を招いて。

しかも、マンツーマンで。

 

講師の方は、本校PTA役員のHさんです。

Hさんは、昨年度、PTA講習会でも講師を務められていました。

講習会の内容にとても興味があったのですが、所用で参加できず、

「ずるいずるいー、ぼくも知りたいー」

とHさんに駄々をこねたところ、快く引き受けてくださいました。

なかなか予定が合わず、ようやく念願が叶ったのでした。

 

Hさんにご教授いただいた内容は、『地球歴』についてでした。

ご存じでしょうか?

村瀬が説明すると、誤解を与えそうなのでここでは控えますが、

インターネットで調べると紹介されております。

ご興味が湧いた方は、ぜひ一度ご覧になってください。

 

Hさんは村瀬の一つ上の先輩なのですが、

話し方、教え方の、上手なことったら。

なぜ、今、「宵(よい)の明星(みょうじょう・金星のことです)」がきれいに見えるのか。

なぜ、今、火星を見ることができないのか。

なぜ、一週間は日曜日から土曜日と呼ばれているのか。

木星や土星の存在が今の地球の状況をつくっていること。

満月と新月のときでは地球の形が違うこと。

二十四節気とかつての日本人の生活スタイルの関係。

各惑星の公転周期。太陽系の寿命。

などなど。

『太陽系時空間地図』

という素晴らしいアイテムを使いながら、

村瀬の知らないことを次々に披露してくださいました。

「なるほどーーー!」「へええええええ!」「ほーーーーん!」

などと、校長室に奇声を響かせてしまいました。

最後には、相野山小学校に眠っていた望遠鏡を引っ張り出し、

青空に浮かぶ月を観察して終了しました。

気がつけば、2時間近く経過していたのでした。

 

ご多分に漏れず、村瀬は学生の頃(小も中も高も大も)、

勉強なんてちっとも好きではありませんでした。

「比べる量とか基にする量とか計算できたって将来意味ないし」(小学校)

「球の面積とか体積なんて求められても将来意味ないし」(中学校)

「サインとか、コサインとか、タンジェントとか、意味ないし」(高校)

主に苦手な算数・数学に対して、

悪態(あくたい)をつき、屁理屈(へりくつ)をこね、

逃げようとばかりしていました。

先日、6年生の算数にお邪魔していたときに、

同じようにぶつぶつ不満をこぼしながら計算している子どもがいて、

なんだか、にやにやしながら見守ってしまいました。

 

今でも勉強が好き、とは言えません。

でも、歳を重ね、様々なことを見たり、聞いたり、経験したりしていくうちに、

興味をもつ範囲が以前より広がっているように感じます。

興味が高まると、学びたい、という意欲が自然と湧いてくるものです。

ですので、学生の頃よりは、勉強することに抵抗を覚えなくなったのだと思います。

 

今回、Hさんから学ぶ機会をいただき、

私たち教員の大切な役割を再確認したことがあります。

それは、子どもたちの「興味や関心を高める」ということです。

 

もちろん、基礎となる知識や技能を身に付けさせることも大事です。

しかし、それ以上に、

「なんでーー?」「どうしてーー?」「へえーー!」「なるほどーー!」「ほーーーーん!」

と、子どもたちの目を輝かせたり、心を引きつけたりすることが大切なように思います。

特に小学校では、そういえるのではないでしょうか。

興味をもてることや好きなことを見つけられたら、

自(おの)ずと「学ぶ姿勢」が作られていきます。

ですので、そういったものやことに早く出会えることは、

とてもしあわせなことなのだと思います。

そして、その出会いを演出することが、教員の務めでしょうし、

日々私たちは研鑽(けんさん)していかなければならないことだと、

Hさんの話を聞きながら痛感していたのでした。

 

そんなわけで、天体に興味を強く引かれた村瀬は、

月曜・火曜と夜空を見上げて流れ星を探していたわけです。

もちろん、一つも見つけられませんでしたけどね。

 

ところで、みなさん。

なぜ、定期的に「○○流星群」が見られるのか、ご存じですか?

それと、流れ星の正体って何か、ご存じですか?

流れ星は見逃しましたが、

村瀬は知っていますよ。うふふふふ。

Hさん、ありがとうございました。 

それでは、また。

今年もほくほく。

2021年12月14日 17時40分

こんにちは、村瀬です。

双子座流星群、ご覧になられましたか。

村瀬は昨晩空を見上げていたのですが、

寒さに挫折してすぐに撤退してしまいました。

今日もチャンスだということなので、

上着を一枚余分に用意して、チャレンジしたいと思います。

 

ところで先週の土曜日、

『親子ふれあい焼きいも大会』が無事に開催されました。

教頭先生が記してくださった、

PTA・地域の活動」を見ていただければ分かるように、

ほくほくの笑顔が見られた、大成功の会になったようです。

 

「なったようです」なんて、

伝聞スタイルで書いておりますのは、

村瀬はのっぴきならない事情で途中退場を余儀なくされたからです。

それでも、

1丁目のチームから、帰り際に焼き芋をいただき、食べることができました。

申し訳ないことに、子どもたちよりも早くいただいてしまいました。

毒味の意味があったかもしれませんが、とてもおいしかったです。

 

それにしても、参加していただいたみなさん、

特に、「焼きいもサポーター」の方々は、朝からよく働いてくださっておりました。

村瀬も微力ながらお手伝いしようと、

この大会のために備蓄してあった竹の搬出に精を出しておりました。

飼育小屋の横にある、元鳥小屋に資材がためてあるのですが、

ここ何年か、使い切れなかった竹が残されることが続いておりました。

一緒に搬出してくださっていたPTAの方と相談し、

今年は「在庫一掃セール」ということで、全ての竹を放出することに決めました。

 

下に堆積(たいせき)していた竹はなかなかの熟成っぷりで、

朽ちているものも多くありました。

さらには、手付かずだった竹たちは、多くの命をかくまっておりました。

一番下の竹をどかしたとき、

尋常じゃないほどの数のゴキちゃんたちが、

恥ずかしそうに、四方八方に逃げていきました。

 

かつての村瀬なら、

絶叫して部屋を飛び出し、運動場の片隅で震えていたかもしれません。

しかし、多くの生き物が生息する、

相野山小学校で長く暮らしている現在の村瀬は、

「おう、ここにもいたか」

程度の感慨をもつだけでした。

どちらかというと、

一緒にその光景を見ていたPTAのお母様が、

たじろぎもせず、平然と作業を続けている姿の方に驚きを感じました。

母は強し、です。

 

とにもかくにも、

今年度も無事にこの素敵なイベントが行われたことに、

喜びを感じました。

計画・準備に奔走してくださったPTAの方々に、

心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。

 

それでは、また。