南小学校のホームページにようこそ

南小学校50周年記念

令和4年度 南小学校は創立50周年を迎えます。

それに伴い、今後、愛され続ける南小学校の

マスコットキャラクターの募集は終了しました。たくさんの応募がありました。ありがとうございました。

校長ブログ

【南小】南小学校PTA会長交流会

2021年7月9日 11時24分

 昨日、午後6時半から校長室にて令和3年度日進市立南小学校PTA会長交流会が開催されました。参加者は南小歴代会長11名と校長・教頭の13名でした。
 例年、休みの前日に学校外の会場で行われていましたが、昨年度はコロナ禍で中止となってしまいました。今年度もコロナ禍により開催が危ぶまれましたが、2年連続の中止は避けたかったため、会場を校長室に変えて平日開催としました。
 話題の中心は、次年度の創立50周年記念事業についてでした。学校の考え方やここまで準備してきたことに、歴代会長は概ね賛同してくださいました。そして、的確にアドバイスをしてくださったり新たなアイディアを提案してくださったりしました。「どんな形でもいいから50周年事業に協力したい。皆、そのつもりで来ている」という笠井平成13年度会長のありがたいお言葉に皆が頷き、記念事業に向けての気持ちが一つになったと感じました。
 その後も南小学校のPTA裏話等で話し合いは熱く盛り上がり、歴代会長の南小学校愛を強く感じました。そして改めて、南小学校が地域の方々の強い思いで誕生した学校だということを認識しました。
 コロナ禍の中でしたが、本会を開催して良かったと心から思いました。私の南小学校愛も一段と高まりました。歴代会長の思いを受けながら、次年度の創立50周年記念事業に向けて粛々と、そして楽しみながら準備を進めていきたいと考えています。

【南小】考えやぁ!

2021年7月8日 11時30分

 昨夜はあいにくの空模様で、織姫と彦星を肉眼で確認することができませんでした。織姫と彦星が見られないときには会うことができないと思っていましたが、調べてみるといろいろな説があることが分かりました。
 七夕が曇りでも雨降りでも、織姫と彦星はちゃんと会えているという説も多いんです。例えば、「鳥が天の川に橋をかけてくれるので会える」「雨は会えて嬉しい二人の嬉し涙」「二人きりになりたいから雲に隠れている」などです。ということで、昨夜、二人は会うことができたのはないかと思います。南っ子たちが短冊に書いた夢や願いも叶うと良いですね。

 校長ブログを読んでみえる方から、「7/6のブログ(七夕飾り)写真の『え』の文字が気になる」という意見をいただきました。これは、「考えやぁ」の「え」の部分なんです。5年生の教室がある南館2階の廊下の天井には、「考えやぁ」が一文字一文字、八つ切り画用紙に書かれて目立つように掲示されています。
 「考えやぁ」は5年4組担任の関先生の口癖で、「何事もしっかり考えて、高学年としてふさわしい行動をしよう」という意味が込められています。生活していく上で大切なことを、親しみのある名古屋弁で表したところにユーモアのセンスも感じます。いつもこの「考えやぁ」を見ている5年生の南っ子たちには、考えて動く力(考動力)が高まっていくのではないかと期待しています。

※下の4枚の写真は、昨日の個人懇談会の様子です。

【南小】挨拶運動、個人懇談会

2021年7月7日 09時40分

 今週は月に一度の「あいさつ強化週間」です。ここのところ梅雨らしい天気が続き、本日も雨が降ったり止んだりの不安定な状態です。そんな中でも、傘を差したりカッパを着用したりして挨拶運動に参加してくださるPTAの方々には頭が下がります。児童会役員や総務委員も昇降口前で挨拶運動を盛り上げています。気持ちの良い挨拶は、梅雨空による湿りがちな雰囲気を吹き飛ばしてくれますね。

 今週は、児童下校後に各教室で個人懇談会が実施されています。足下の悪い中、コロナ渦の中、学校までお越しくださりありがとうございます。学校としても、換気やマスクの着用、消毒液・卓上シールドの設置等の感染防止対策を実施して、安心・安全に懇談が行えるよう配慮しています。万が一、発熱があった場合や咳などの風邪症状が見られた場合には、ご来校を控えていただきますようお願いいたします。
 担任より、お子さんの学習の状況や学校での様子等についてお話させていただきます。10分程度ではありますが、充実した時間にしたいと考えています。また、この機会に1年生・2年生・3年生では、鉢をご家庭に持ち帰っていただきます。ご理解・ご協力、よろしくお願いします。

【南小】七夕飾り

2021年7月6日 13時17分

  今朝、校舎内を回っていると、明日の七夕に向けて願いや夢を書いた短冊が飾ってある学級がたくさんありました。また、飾り付け用の笹竹の準備をしたり短冊に願いや夢を記入したりしている学級もありました。
 飾り付けられていた短冊には、やはりどの学年もコロナ関係の記述が多くありました。いかにコロナ禍が南っ子たちの心に大きな影響を与えているかが分かりました。私も、コロナ禍が一日も早く終息することを心から願っています。
 もちろん、「サッカーが上手になりたい」とか「成績を上げたい」等、自分の目標について書かれたものもたくさんありました。明日、織姫と彦星が出会えるかどうか分かりませんが、短冊に書かれた南っ子たちの思いはきっと天に届くことでしょう。
 
 先週、市内で喫茶店を経営してみえる方から、カブトムシの成虫・幼虫・蛹を合わせて20匹以上いただきました。なんと、コーヒー豆のかすはカブトムシの幼虫の餌として適しているそうです。腐葉土以外でもカブトムシが大量に繁殖することにびっくりしました。店外の豆かす置き場に毎年たくさんのカブトムシが卵を産み付け、そこで幼虫→蛹→成虫になっていくとのことです。 
 校長ブログを見て、昆虫好きが多い南っ子への寄贈を思い付いたとのことでした。ご好意でいただいたカブトムシをどうしようか迷った結果、校長室によく来る昆虫好きの南っ子にあげることにしました。彼らなら大切に育ててくれると思ったからです。そして、虫かごやプラスチック製の水槽等、しっかりした入れ物を持ってきた児童にのみ配付しました。
 6/11のブログでも記載しましたが、昆虫好きの人にとってカブトムシやクワガタは、癒やしを与えたりストレス解消や精神を安定させたりする昆虫セラピー効果があると思います。最近、校庭でもよく聞かれるようになった「スイーチョン」というキリギリスの鳴き声も同様の効果がありますね。

【南小】悔し涙は成長の糧

2021年7月5日 15時50分

 7月3日(土)、中総体愛知地区大会バスケットボールの部の準決勝と決勝が東郷町総合体育館で行われました。先週の土日同様、バスケットボール部長として全試合を観戦しました。
 日進中学校は、男子が決勝で長久手市立南中学校を下し、優勝で愛日大会出場を決めました。しかし、女子は残念ながら準決勝で日進西中学校に惜敗し、愛日出場を逃してしまいました。日進西中学校との試合は、双方共に複数の退場者を出す壮絶な一戦となりました。
 “勝って学ぶことより負けて学ぶことの方が多い”、女子部員が試合後に流した大粒の涙は、必ず今後の人生に生かされることと思います。男子部員には、愛日大会で女子の分まで大暴れしてほしいと思います。日中健児魂に期待します!
 この大会の審判員は、どの種目も愛知地区の小中学校教員が務めています。南小学校からは、近藤先生と田形先生がバスケットボールの審判員として大活躍しました。2人の軽快なフットワークと的確なジャッジは、他の審判員の模範となるほど素晴らしかったです。他にも、竹内先生が剣道の部の審判員として活躍しました。竹内先生は剣道三段の腕前です。夏の大会は、いわゆる裏方の運営役員や審判員がいるからこそ、開催することができます。大会を支える全ての方々に感謝ですね。
 昨年度は、コロナ禍によって秋の小学校球技大会が小学校サッカー・バスケットボール交流会に形を変えました。今のところ今年度は、従来の小学校球技大会の形で実施し、予選リーグ(10/23)から決勝リーグ(10/30)まで行う予定です。何事も結果より過程が大切なので、サッカー部・バスケットボール部の皆さんは、本番までにしっかり準備をして欲しいと思います。

【南小】ベルマーク回収強化週間(7/12~16)

2021年7月2日 15時21分

 ベルマーク運動は、「すべての子どもに等しく、豊かな環境のなかで教育を受けさせたい」という願いの下、1960年に始まりました。教育環境整備への助成等が主な目的なため、大変有意義な活動として定着してきました。しかし、手作業による煩雑な仕分けや集計の作業が必要なため、最近では廃止する学校が増えています。継続している学校でも、PTA役員が中心となって活動しているケースが多いと思います。
 南小学校のベルマーク運動は、ボランティア委員会が中心となって行っています。これまで、こつこつと貯めてきたベルマークは28,000点ほどあります。当面の目標は、ベルマーク30,000点分の「ミズノ走り方教室」だそうです。
 そこで、ボランティア委員会が7月12日(月)~16日(金)を、ベルマーク回収強化週間としました。ベルマーク運動への南っ子たちの意欲を高めるため、本日の昼放課、家庭科室で情宣用のビデオ動画を撮影していました。委員長を中心に楽しい雰囲気で撮影された動画は、クイズ形式を取り入れた分かりやすい内容になっています。
 ベルマーク回収強化週間でどれくらいの点数が集まるか楽しみですね。7月12日(月)~16日(金)、お子さんにベルマークを持たせていただけると嬉しいです。ご協力よろしくお願いします。

【南小】南っ子の安全・安心のために

2021年7月1日 12時36分

 先日、千葉県で下校途中の小学生の列にトラックが突っ込むという痛ましい事故がありました。昨年度のブログにも度々記載しましたが、南小学校の通学路にも危険な箇所はたくさんあります。
 今朝は、挨拶運動とごみ拾い・交通指導を兼ねて、おりど病院方面に足を運びました。おりど病院北側の道路は道幅が狭く交通量も多いため、通学路の危険箇所の一つに数えられます。地域の方々の尽力により、今年度に入ってから通行の邪魔になっていた電柱の位置が下がり、歩きやすいように整地されました。しかし、危険箇所であることには変わりないため、毎朝、ボランティアで村瀬さんが立ってくださっています。
 村瀬さんの他にも、これまで本ブログで紹介してきた、片桐さん、「南ヶ丘学童見守り隊」・「あいさつ東山」の皆さん、保護者ボランティア、交通指導員さんといった方々が、南っ子たちの安全・安心な登下校を見守ってくださっています。
 南小学校の交通指導員は現在2名ですが、まだ1名の欠員があります。登下校時の更なる安全確保のため、交通指導員及び交通ボランティアを随時募集しています。
 また、 通学路上の歩道には、狭い上に左右の雑草が成長して通行の邪魔になっている箇所がたくさんあります。教頭や校務主任、緑化担当の先生が度々刈っているのですが、その範囲はあまりにも広大です。そこで微力ながら、私と6年生2名が清掃の時間に少しずつ邪魔な雑草の刈り取りを行っています。
 雑草の刈り取りをしてくださる保護者・地域の方々がみえるという話も聞いています。この時期の雑草は、刈っても刈っても伸びてきます。ご自宅の付近の通学路で、通行の邪魔になりそうな雑草があれば、“できる人が、できる時に、できる範囲内で”刈り取りをしていただけると幸いです。
 南っ子たちのために、本当に多くの方々が活動してくださっています。ありがたい限りです。地域の宝、南っ子の安全・安心を守るため、共に頑張りましょう!

【南小】3年校外学習(施設見学)

2021年6月30日 17時56分

 本日の午前、社会科学習及び「総合的な学習の時間」の一環として、3年生が日進市内の施設見学を行いました。感染防止対策として密にならないよう、160人近い子どもたちを五つのグループに分散させました。五つとは①図書館、②市役所、③スポーツセンター・市民会館、④日進駅・南部福祉会館、⑤エコドームで、どの学級も5~7人ずつ各グループに分かれています。
 どのグループも、滞在時間:約1時間、徒歩による往復:約1時間の校外学習となりました。幸いにも空は雲に覆われ気温が上がらなかったため、体調を崩す児童はいませんでした。しかし、時折雨が降ったため、雨宿りで足止めをくらったグループもありました。
 この後、自分が見学した施設についてまとめ、発表会等でその情報を伝え合います。つまり、自分が見学していない施設のことも、間接体験によって学級全体が共有できる形となります。子どもたちの「まとめる力」「伝える力」が、発揮されたり育まれたりする学習ですね。
 校外学習の中で、気軽に雨宿りさせてくださった浜島金物店の方の優しさに触れたり、学校では見られない南っ子たちの思いやりに触れたりすることができました。コロナ禍にもかかわらず、見学を許可してくださった施設の方々には感謝の気持ちでいっぱいです。子どもたちは、学習のねらい以外の面でも、多くのことを感じ取ることができたのではないかと思います。

【南小】夏の大会

2021年6月29日 15時56分

 6月26日(土)、令和3年度中学校総合体育大会が始まりました。中3の部員にとっては、これまでの活動の集大成となる大会です。今年度は、コロナ禍により無観客での開催となりました。他にも感染防止の為の様々な制約がありますが、昨年度の中止を思えば、開催されただけでもありがたいです。
 私はバスケットボール部長として、26日・27日の二日間、東郷町総合体育館で終日にわたって試合を観戦していました。サッカーや格闘技の観戦が大好きな私は、これまで、自校の応援以外でバスケットボールの試合をまともに観たことはありませんでした。しかし、1~2点差で最後までもつれる試合が続き、思わず手に汗握って観戦していました。膠着状態がなく秒単位で作戦が変わるあの緊張感に、サッカーや格闘技にはない魅力を感じました。
 南小卒業生の大多数が進学する日進中学校のバスケットボール部は、男女共に勝ち上がり愛知地区(長久手市・日進市・東郷町・豊明市)のベスト4に進出しました。女子の試合では、1回戦で見覚えのある中1部員も出場し、昨年度の小学校バスケットボール交流会での活躍が思い出されました。
 さて、26日(土)には、南っ子もパロマ瑞穂公園北陸上競技場で頑張っていました。“日清食品カップ”「第38回愛知県小学生陸上競技交流大会 愛知県予選会」の「小学5年混合4×100mリレー」で第3位に輝いたのです。リレーメンバーの4人中2人が南っ子(田渕羽唯さん・村田湊君)でした。2人とも低学年の頃から日進RCJに所属し、土・日は毎週のように練習してきました。今回は残念ながら上位大会への進出はなりませんでしたが、2人は「これからも陸上競技を続けていきたい」と今後を見据えていました。
 このように南っ子や南小卒業生はいろいろなところで活躍しており、その活躍ぶりに触れると、本当に嬉しい気持ちになります。中学校総合体育大会はまだまだ続き、バスケットボールの部は7月3日(土)に準決勝・決勝が行われます。準決勝に勝って2位以内に入れば7月17日・18日に開催される愛日大会に駒を進めることができます。愛日地区とは、長久手市・日進市・東郷町・豊明市・瀬戸市・春日井市・小牧市・尾張旭市・清須市・北名古屋市・豊山町からなる広大な地区です。愛日まであと1勝!3日が楽しみです。

※右の写真は、本日の南小バスケットボール部の練習の様子です。

【南小】ZOOM朝会

2021年6月28日 12時54分

  今日は、南小学校史上、初めてのZOOM朝会を行いました。この日に備えて、三輪教務主任・関情報教育主任を中心に準備を進めてきました。
 各教室では、備え付けのテレビや黒板に貼付されたスクリーンに、校長室での様子が映し出されました。校長講話の概要は、次の通りです。
「これまでは放送朝会で、声だけしか聞こえなかったのですが、今日から姿も見えるZOOM朝会となります。本当は体育館で皆さんの顔を見ながら話をしたいのですが、コロナ禍なので仕方ないですね。でも、皆さんから姿が見えるようになっただけでも大きな進歩だと思います。
 今日は、健康管理について話したいと思います。自分の健康を守るために努力することを健康管理と言います。皆さんは日頃から新型コロナウイルス感染症や熱中症にならないよう、いろいろなことに気を付けて生活していると思います。これも健康管理ですね。
 4月から行われてきた内科検診・歯科検診などの定期健康診断が今月で終わりました。その結果で自分の健康状態を知ることができます。検査や検診の結果を心に留めて、日常の健康管理に生かしてほしいと思います。虫歯など、治すべき所はしっかりと治療してくださいね。
 また、睡眠時間を十分にとること朝ご飯を毎日しっかり食べることゲームをやりすぎないことなども、健康管理には大切なことです。
 健康は、周りの人がつくるものではありません。皆さん一人一人が『自分の身(命)は自分で守る』意識をもって、健康管理を心掛けてほしいと思います。体の健康は心の健康にも繫がってきます。“元気があれば何でもできる!”
 今週の生活目標は「学校に余計な物を持ってこないようにしよう」、保健目標は「早く虫歯を治しましょう」です。