南小学校のホームページにようこそ

南小学校50周年記念

令和4年度 南小学校は創立50周年を迎えます。

それに伴い、今後、愛され続ける南小学校の

マスコットキャラクターの募集は終了しました。たくさんの応募がありました。ありがとうございました。

校長ブログ

【南小】6年校外学習(岩崎城)

2021年6月25日 15時23分

 本日の午前、6年生が「総合的な学習の時間」の一環として岩崎城祉公園で校外学習を行いました。岩崎城については3年生でも学習(昨年度12/1のブログ参照)していますが、実際に現地まで歩いて行くのは今回が初めてです。
 6年生は150人近いため、密にならないよう前半1・2組、後半3・4組と出発時間をずらしました。目的地でも、天守閣・記念館・屋外と三つのグループに分かれて交代で見学し、一箇所に重ならないようにしました。全員がタブレットを持参していたため、メモをする時間がいらず、スムーズに見学することができました。子どもたちの歴史への関心は高く、鎧兜等の迫力ある展示物に見入っていました。
 滞在時間:約1時間、徒歩による往復:約1時間の校外学習となりましたが、幸いにも空は雲に覆われ気温が上がらなかったため、体調を崩す児童はいませんでした。しかし、後半発の3・4組が帰校している途中で雨が降り出し、びしょ濡れになった児童・教員もいました。

 「岩崎城の戦い」は歴史的に大変重要であるにもかかわらず、日進市民にさえ十分に認知されていないことが大変悲しいです。公園内にある「表忠義碑」の題字「忠義を表す」は最後の将軍徳川慶喜の書で、徳川家康への忠義を表すという意味です。岩崎城が徳川方の城として戦い、約300人が全員討死したことを家康に対する忠義の表れという意味で使用したと思われます。つまり、徳川家康が江戸に幕府を開くことができたのは、この戦いのおかげと言っても過言ではありません。
 岩崎城祉公園に足を運んだ際には、是非、「表忠義碑」を見てください。そして、「岩崎城の戦い」で全滅した丹羽軍への徳川家の感謝の気持ちを感じ取っていただけたらと思います。題字を書いた徳川慶喜は、現在、大河ドラマ「青天を衝け」で主役級の存在感を示しています。
 これまで幕末を舞台にしたドラマは、ほぼ新政府(薩摩・長州等)側からの視点で描かれ、敗者である徳川慶喜には負のイメージがつきまとっていました。しかし、「青天を衝け」は幕府側から描いているため、徳川慶喜こそ日本を救った真の英雄ではないかという評価が広まっています。書家としても著名な徳川慶喜の力強い題字を鑑賞するだけでも価値があると思います。

【南小】児童会役員との懇談会

2021年6月24日 14時24分

 本日の「にこにこタイム(25分放課)」、校長室で児童会役員との懇談会を行いました。始めに、スローガン「笑顔いっぱいの南小 めざせ世界一!」について意見交換をしました。次に、私から令和4年度の創立50周年記念事業についての話をしました。
 この事業の内、南小学校オリジナルのマスコットキャラクターつくりは、児童会役員が中心となって募集から決定までを行います。50周年への意識を高め、永遠に愛されるマスコットキャラクターをつくるにはどうしたらよいか話し合いました。児童会役員からは、「児童だけでなく保護者・地域から広く募集したい」「市民会館にポスターを貼ったりホームページに載せたりして多くの人に知ってもらいたい」などの意見が出ました。
 後日、絵を描く上での留意点や提出期限等を示した募集要項が児童会から出されると思います。描いた絵の名前も考えなければなりません。日進市のニッシーや宇田先生が創り出した南小感染予防動物「てあらいぐま、ますくま、・・・」たちに負けない、愛らしいマスコットキャラクターのデビューが本当に楽しみです。

【南小】感動の共有

2021年6月23日 10時14分

 6/11のブログで、「今のところ、幼虫が脱皮して蛹になる全過程をリアルタイムで見ることはできていません」と記しましたが、その後、なんと「そら1組」担任の川瀨先生が、カブトムシの蛹化撮影に成功しました。
 そして本日の1時限目、第2理科室にて特別支援学級の児童を対象に、動画上映会が開かれました。幼虫が蛹になる過程は神秘的で、皆、始めから終わりまで食い入るように動画を観ていました。幼虫の頭が割れて角の生えた蛹が出てくるシーンは本当に不思議で魔法のようでした。子どもたちの観察力は鋭く、角を見つけた瞬間に「雄だ!」という声が上がりました。蛹化した直後の色は白く角は短めでしたが、時間の経過と共に角が伸びて黄色掛かってきました。私も子どもたちと一緒に、蛹化の様子を観て感動していました。
 動画を観た後、「そら1組」で育てている蛹の実物を皆で観察しました。子どもたちは目を輝かせながら雄雌の蛹を観察し、くねくね動く様子にびっくりしていました。蛹化した時期によって色が違い、黒っぽい蛹は間もなく羽化して成虫になります。今日の授業で、子どもたちの羽化への期待は更に高まりました。難しいと思いますが、川瀨先生が羽化の瞬間も撮影できることを期待しています。
 また、南小学校の畑や2年生の鉢で育てている夏野菜(ナス・ミニトマト・ピーマン等)も成長し、中には収穫時期を迎えた物も出てきました。そこで、畑を管理する園芸委員会が7月上旬(生育状況による)に野菜収穫体験会「夏野菜!ゲットだぜ!!」を企画しました。昆虫も植物も大きく成長するこの時期は、ワクワクすることがいっぱいですね。

【南小】「しんぶんしと なかよし」

2021年6月22日 13時53分

 昨日の3・4時限目、2年2組・5組が合同で図画工作「しんぶんしと なかよし」の授業を体育館で行いました。この題材のめあては「新聞紙と関わりながら、大きさや感触を全身で味わう」です。子どもたちは本当に楽しそうに、新聞紙を破いたり穴を開けたり丸めたり身に付けたりしていました。私は新聞を読むことが大好きで習慣になっていますが、こういう使われ方も面白いと思いました。
 授業中は終始体育館を広く使って、一人で行動したり友達と協力したりしながら、思い付いたことを自由に試している様子が見られました。こういった活動を通して、子どもたちはつくり出す喜びを味わいながら、新聞紙だけでも様々な展開ができることに気が付きます。この気付きにより、日常におけるものの見方が広がっていくことを期待します。
 また、校舎内を歩いていると、いろいろな図工の作品に触れることができます。南っ子たちの創意工夫に満ちた作品を眺めていると、その素晴らしさに驚いたりほっこりした気持ちになったりします。

【南小】一日のスタートは朝ごはんから

2021年6月21日 14時27分

 近年、食育に対する関心が高まっていく中で、朝食を食べない小学生の増加が社会問題化しています。このような背景の下、日進市は食育推進基本計画を策定し、小学3年生を対象に習慣的な摂取状況100%を目指しています。そして、日進市学校給食センターの学校栄養職員及び栄養教諭が市内全小学校を回り、3年生の学級活動の時間を活用して朝食指導を実施しています。
 その一環として本日の4時限目、南小学校の3年1組・2組で朝食指導が行われました。1組は学校栄養職員の山本様、2組は栄養教諭の栗木先生が担当してくださいました。授業は「一日のスタートは朝ごはんから」という題材で、話し合い活動やワークシートを使った作業的な活動が取り入れられていました。この授業を通して、子どもたちは朝ごはんの大切さを知り、バランスのよい朝ごはんを食べようとする意欲をもつことができたと思います。
 朝食の習慣化には家庭の協力が必要不可欠です。授業の中で「朝ごはん日記をつけよう」(三日間)という課題が出されたので、しっかり取り組めるよう毎日確認していただき、励ましの言葉も記入していただけると幸いです。また、課題終了後には、配付したプリント裏面のアンケートを提出していただきたいと思います。
 授業の後、山本様と栗木先生はそれぞれの学級で給食指導もしてくださいました。栗木先生は北小学校のホームページで毎日、給食の献立についてのブログをあげています。本日の献立等、そちらをご覧いただけると写真付きで詳しく説明されています。

※3年生の他の学級は、今週中に朝食指導が実施される予定です(水曜日:3・4組、金曜日:5組)。

【南小】教育実習最終日、歯の衛生週間

2021年6月18日 18時36分

 5/29のブログで紹介した木全麻奈さんの教育実習も最終日を迎えました。積極的に子どもたちと触れ合ったり授業実践を行ったりしていく中で、いろいろなことを学んで吸収することができました。そしてこの3週間で、大学生から先生らしい表情・姿勢になってきました。我々も木全さんの直向きな姿勢から学ぶことが多々ありました。
 6時限目に、配属学級の6年1組で、心温まるお別れ会が開かれました。この実習を通して教職への夢を確固たるものにした木全さんが、我々の仲間となる日が来ることを願っています。

 現在、「校内歯の衛生週間(6/7~21)」の真っ只中です。そこで、各学級で担任がヘルピータイム「歯の健康」を学年の発達段階に応じて実施しています。特に、2・3・5年生は歯の磨き方を学習するため、カラーテスター(歯垢顕示錠)と染め出し記録用紙を配付して、各家庭で歯垢染め出し検査をやっていただきます。磨き残しのない丁寧な歯磨きを習慣化させたいので、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。

※ヘルピータイムは学校保健活動の「保健教育の充実」に位置付けられ、日進市内の全小中学校で実施されています。南小学校でも、全学級で月に一回は実施しています。ヘルピータイムの目標は、「自分の体や健康について振り返り、日々の生活において実践できる力を身に付ける」です。月ごと・学年ごとにテーマが決まっており、学級活動や身体測定の時間に担任か養護教諭が指導案に沿って実施しています。10分程度の保健指導ですが、一年間系統立てて実施しているので、南っ子たちの「心身の健康」に大いに役立っています。

【南小】本の紹介、歯科検診

2021年6月17日 15時30分

 読書週間真っ只中の今、大図書館とコアラ図書館に6/8の「読み聞かせ」本の紹介コーナーがあります。私が「そら1・2組」で読んだ「だれでも知っているあの有名な ももたろう」は、コアラ図書館で紹介されていました。たくさんの南っ子たちが教員の紹介本に触れ、読書により一層親しんだり読書活動を深めたりするきっかけとなることを期待しています。
 さて、4/14のブログで紹介した定期健康診断も来週で終わります。今日は保健室で、そら2組と2年生の歯科検診が行われました。南小学校は児童数が多いため、いろいろな面で本当に大変だと思います。定期健康診断の様々な検査・検診を担当してくださった医師の方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。南っ子の皆さんには、検査や検診の結果を心に留めて、日常の健康管理に生かしてほしいと思います。

【南小】学校評議員会

2021年6月16日 17時09分

 本日の午前、校長室にて学校評議員会を開催しました。南小学校の学校評議員会は、学校や地域のために尽力している学校評議員4名と校長・教頭の6名で構成されています。今年度の第1回ということで、日進市教育委員会からの委嘱状をお渡しました。そして、私が本校の学校運営や教育活動について説明した後、3時限目の高学年の授業を観ていただきました。子どもたちや教員が、当たり前のようにタブレット端末やプロジェクターを使用している様子を見て、ICT機器の便利さや分かりやすさに感心してみえました。
 校長室に戻ってからの意見交換では、コロナ禍の中での教育活動や「GIGAスクール構想」「地域学校協働活動」など様々な話題に花が咲きました。最後に、次年度の開校50周年記念事業の話題で盛り上がり、50周年記念芸術鑑賞会と銘打って市民会館で南小学校OBによる演奏会(または講演会・お笑いステージ等)を開いてみたらどうかという意見に皆が賛同しました。
 それぞれの立場から貴重なご意見をいただき、大変有意義な時間となりました。この会で話し合われた内容を、今後の教育活動に生かしていきたいと考えています。

【南小】折戸地区自主防災会

2021年6月15日 14時12分

 運動会時の折戸地区自主防災会の皆様の活躍ぶり(駐車場・駐輪場のライン引き・交通整理など)は、先日のブログで紹介した通りです。昨年度もスポーツフェスティバルや入学式・卒業式でのライン引き・交通整理のほか、樹木の剪定やハナモモの植樹など、南小学校のために多大な貢献をしてくださいました。いずれも、昨年度のブログ(バックナンバーで閲覧可能)で紹介しています。
 6月12日(土)、折戸地区自主防災会の皆様が、正門南側の空き地の整地をしてくださいました。この空き地は、宝泉禅寺様がご好意で使用許可を出してくださっている私有地です。南小学校の所有地でないにもかかわらず、教育活動になくてはならない場所となっており、毎日、たくさんの保護者の車が送迎のために出入りしています。舗装されていない上に利用頻度が高いため、下土が削られてかなり凸凹が目立っていました。「凸凹のおかげで安全運転になって良い」という意見もありましたが、雨天時には危険を感じるまでになっており、整地を求める声が高まっていました。
 そこで、折戸地区自主防災会の皆様が善意で整地を請け負ってくださることになりました。当日は梅雨の晴れ間の暑い中、12名のメンバーが数時間にわたってユンボやプレートコンパクター等を使って一生懸命作業してくださいました。作業後の空き地は、凸凹がほとんど目立たない、ほぼ平らな状態になっていました。今回の作業には、折戸区も全面的に賛同・協力してくださり、整地に関わる費用を区費で負担してくださいました。改めて、いかに南小学校が地域から愛され、多くに方々に支えられているかということを実感しました。
 今の綺麗な状態を維持するには、空き地内での安全運転が必須です。宝泉禅寺様、折戸地区自主防災会の皆様、区長を始めとした折戸区民の皆様への感謝の気持ちをもって、正門南側の空き地を大切に利用していきたいですね。また、混雑時はいつ事故が起こってもおかしくないほど大変危険な状態になっています。どんなに急いでいても、交通マナーを守り安全に注意して利用していただくよう、重ねてお願いします。

【南小】1学期教育相談

2021年6月14日 11時41分

 6月8日(火)から25日(金)まで、1学期の教育相談週間です。事前に実施した教育相談アンケートを基に、廊下や特別教室等を使って行っています。読書週間期間中でもあるため、待っている南っ子たちは教室で読書をしています。
 長引くコロナ禍の影響等で心身が不安定になり、「心のケア」が必要な南っ子がたくさんいると思います。また、アンケートには未記入でも、何らかの不安や問題を抱えている場合もあります。我々教員は、共感・傾聴・受容等のカウンセリングマインドをもって一人一人の心に寄り添い、丁寧に相談活動を行っています。そこで問題が見つかった場合は、担任だけに任せず、学校全体で対応しています。
 もし、教育相談期間中に終わらなかった場合でも、「にこにこタイム(25分放課)」等の時間を使って必ず全員と教育相談を行います。また、教育相談期間中でなくても、何か気になることがあればいつでも相談してほしいと思います。 
 保護者の皆様も、ご家庭で気になることがあれば、気軽に学校にご相談ください。