南小学校のホームページにようこそ

南小学校50周年記念

令和4年度 南小学校は創立50周年を迎えます。

それに伴い、今後、愛され続ける南小学校の

マスコットキャラクターの募集は終了しました。たくさんの応募がありました。ありがとうございました。

校長ブログ

【南小】緊急事態宣言延長

2021年5月28日 16時14分

 愛知県に発出されている緊急事態宣言が、6月20日(日)まで延長されることが確実となりました。それに伴って、残念ながら6月15日(火)に予定していた授業参観を中止とします。コロナ禍が一日も早く終息し、次回1月20日(木)の授業参観が予定通り実施できることを心から願っています。
 6月2日(水)の運動会は緊急事態宣言下での開催となりますので、感染対策をより徹底しなければなりません。運動会に関するお便りhttps://nisshin.ed.jp/e04/file/893や本ブログの内容を再度確認し、児童も保護者も安全・安心な運動会となるよう意識を高めたいですね。
 「子どもたちにとってかけがえのない行事で、学習効果も大きい」運動会が大成功に終わるよう、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。

【南小】全国学力・学習状況調査

2021年5月27日 13時01分

 昨夜は残念ながら、分厚い雲によって皆既月食のハイライトである皆既食を見ることができませんでした。今日の雨は、祈りが通じなかった涙雨かもしれません。肉眼で見る感動には及びませんが、沖縄県から見える皆既食の様子をネットのライブ配信で見ることができました。自宅のパソコンを通して、分厚い雲の向こうで繰り広げられている天体ショーに見とれていました。きっと同じように、間接体験された方も多いのではないでしょうか。 

 さて、今日は6年生を対象に文部科学省の「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)が行われました。この調査は、日本全国の小中学校の最高学年全員を対象として、平成19年度から実施されています。昨年度は臨時休校で中止となったため、2年ぶりの実施です。6年生の南っ子たちは、国語・算数のテスト問題や学習環境・生活環境のアンケートに真剣に取り組んでいました。結果が楽しみですね。

【南小】皆既月食

2021年5月26日 13時54分

 本日の夜、一年で最も大きな満月「スーパームーン」が皆既月食になります。皆既月食とは、太陽と地球と月が一直線に並び、満月が地球の影に入る現象です。
 午後6時44分ごろ月が欠け始めると、皆既月食のハイライトである皆既食は午後8時9分ごろに起こり、月が赤銅色(赤黒い色)に変わり始めます。食の最大は、午後8時18分ごろで、午後8時28分には皆既食が終わります。その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていき、白い満月へと変化していきます。
 スーパームーンと月食が重なることは珍しい現象で、12年後まで起こらないそうです。皆既月食は肉眼でも見えるので、雲で月が隠れないことを祈りましょう。特にハイライトである皆既食は、20分にも満たないので見逃さないようにしたいですね。
 
 さて、運動会についてですが、ブログやお便りでお知らせした通り、緊急事態宣言の有無にかかわらず6月2日(水)に開催します(予備日:6月4日)。しかし、梅雨時なので両日とも天候が心配です。朝方は曇りで途中から雨が降り出す場合など、できるところまでプログラムを進行します。もし、6月4日(金)に全てのプログラムが終わらなかった場合は、その次の週に延期して実施したいと考えています。具体的なことは、決定次第、ブログやお便りでお知らせしますので、ご理解・ご協力をよろしくお願いします。
 6月15日(火)に予定している授業参観は、今のところ実施予定です。しかし、もし緊急事態宣言が延長して15日が発令期間中となった場合は、今回は残念ながら中止とします。次回の授業参観は、1月20日(木)を予定しています。

【南小】南ヶ丘学童見守り隊

2021年5月25日 15時31分

 今朝は梅雨の晴れ間で青空も覗いていたため、南ヶ丘まで足を延ばしました。そこで、毎日の登下校の折に通学路の危険箇所に立ってくださる交通ボランティア「南ヶ丘学童見守り隊」の皆さんにお会いしました。「南ヶ丘学童見守り隊」の皆さんは、水色のベスト・帽子を着用してみえます。
 その中に、途中まで一緒に付いてきてくださる保護者ボランティアもお二人みえました。駅南側のマンションの前では、管理人さんが毎朝南っ子たちを見守ってくださっています。さらに、そのマンションの死角から出てくる車が危険なので、栄地区の保護者が当番を決めて、毎朝、交代で立ってくださっています。
 ボランティアの皆さんは、南っ子たちの安全・安心に留意しながら気持ちの良い挨拶を交わしてくださっていました。「南ヶ丘学童見守り隊」の皆さんとの会話の中で、「挨拶は例年、4月以降徐々に下火になっていくけど、今年はずっと元気な挨拶ができている」とお褒めの言葉をいただきました。その瞬間、長距離を歩いた疲れも一気に吹き飛び、帰りの足取りが軽くなりました。南っ子の挨拶は、ボランティアの皆さんにも元気を与えています。やっぱり「挨拶は幸せの始まり」ですね。
 今朝、改めて地域・保護者の皆さんの、南っ子たちを大切に思う気持ちを肌で感じました。こんな素敵な方々に見守られている南っ子たちは本当に幸せですね。

「南ヶ丘学童見守り隊」はメンバーが高齢化しているため、後継者を募集しています。興味のある方は、見守り隊員あるいは南小学校教頭まで気軽にお問い合わせください。南っ子たちの安全・安心のため、共に頑張りましょう!

【南小】放送朝会

2021年5月24日 11時30分

  三輪教務主任が進行を務める放送朝会は、児童会役員の気持ちの良い挨拶で始まります。
 校長講話の概要は、次の通りです。
「今、ちょうど梅雨の真っ最中のため、曇りや雨の日が多くなっています。先週の金曜日の朝は、大雨だったのでびっくりしましたね。川やどぶ・溝が増水すると、どこまでが道路か分からなくなることもあります。大雨の時の登下校では、車だけでなく、川やどぶ・溝に落ちないよう特に気を付けなければなりません。また、雨の日は廊下や階段が大変滑りやすくなるので、右側をいつも以上にゆっくり歩いてくださいね。
 曇りや雨の日は気持ちまでじめじめしがちですが、そんな時こそ気持ちよく挨拶してください。挨拶していると自然に気分がスッキリ爽やかになってきます。『おはようございます』『こんにちは』といった挨拶の声が飛び交えば、学校からじめじめした雰囲気が吹っ飛んでいくでしょう。
 さて、運動会に向けて、練習にもかなり気合いが入ってきました。6月2日の本番が本当に楽しみですね。コロナ禍の中での開催ということで、いろいろな制約がありますが、練習から本番まで頑張れば頑張った分、皆さんは成長すると思います。
 本番までもう一息!コロナや熱中症に負けず、共に頑張りましょう!
 運動会については、この後、堀田先生からもお話があります。しっかり聞いてくださいね。」
 体育主任の堀田先生は、運動会に向けて「①体調管理、②取り組む姿勢、③テーマ『最後まで 頑張る君に 金メダル』について話しました。
 今週の生活目標は「授業中に余計な物を出さないようにしましょう」、保健目標は「運動の前には準備運動をきちんとしましょう」です。

【南小】ホタルの話を聞く会(3年生)

2021年5月21日 14時03分

 本日の午前、体育館で3年生を対象に「ホタルの話を聞く会」が開催されました。講師は「折戸川にホタルを飛ばそう会」の皆さん(15名)です。できるだけ密にならないよう、5クラスを2回に分けて実施しました。
 主な内容は、DVD視聴、展示物の観察、バーチャルごみ拾い、質問タイムでした。DVD「ホタルの一生と川の環境」は「折戸川にホタルを飛ばそう会」の自作なので、日進市内の映像がたくさん出てきて大変身近に感じることができました。
 展示物はとても種類が豊富で、生きているホタルの成虫や幼虫もいました。子どもたちは目を輝かせながら、虫めがねで観たり臭いを嗅いだり割り箸や手で触ったりしていました。学校教育のデジタル化が進んでいる今でも、やはり五感を通して学ぶことは大変重要だと思います。
 バーチャルごみ拾いでは、今現在、実際に折戸川に落ちているごみを想像します。そして、模造紙に描かれたごみ袋の中に、想像したごみを皆で協力してペンで描き込みます。子どもたちの想像力は素晴らしく、どのグループのごみ袋もすぐにいっぱいになっていました。
 質問タイムでは競うように手が挙がり、ホタルへの関心の高まりが感じられました。ホタルは卵・幼虫・蛹・成虫のどの段階でも光を放つことや日本で一番古いホタルの化石(約350万年前)が千葉で発見されたことなど、質問タイムを通して私自身も大変勉強になりました。
 最後に、折戸川に落ちているごみについての説明があり、子どもたちが挙手・発言する場面もたくさんありました。ホタルにとって最大の敵は、幼虫の時に過ごす川の汚れです。そして、川の汚れの多くはレジ袋等のプラスチックごみです。マイクロプラスチックやバイオマス、SDGsという言葉を知っている南っ子の多さに感心しました。
 かつて日進市にはたくさんのホタルが生息していました。環境の変化で数が激減したものの、「折戸川にホタルを飛ばそう会」の継続的な努力のおかげで、今でも何とか美しい光の舞を楽しむことができます。本当にありがたいことです。我々もホタルに優しい環境を意識して、できることから実行していきたいですね。

【南小】運動会について

2021年5月20日 08時38分

 一昨日(5/18)、萩生田文部科学大臣は、緊急事態宣言が発令されている地域の小中学校などの運動会について、「直ちに中止するのではなく、工夫してやる可能性を模索してほしい」と述べました。また萩生田氏は、学校の運動会に関し「子どもたちにとってかけがえのない行事で、学習効果も大きい」と強調し、平日に開催日をずらしたり、時間を短縮したりして保護者らが密集するリスクを避けるなど、感染対策を講じた上で開催するよう求めました。
 この発言を受けて南小学校では、緊急事態宣言が予定通り5月末日に解除されても延長しても、6月2日(水)に運動会を開催することを決定しました(予備日は6月4日)。ただし、緊急事態宣言下で開催する可能性を考慮し、以下の点について変更したいと思います。この変更は、市教育委員会と協議した結果でもあります。
○参観人数を各家庭2名程度から、各家庭1名にします。なお、未就学のお子様を伴っての参観は可能です。未就学のお子様につきましても毎朝の健康観察や体温計測などの体調管理を行ってください。
○ペア学年ごとの3部制から、一学年ごとの6部制にします。それぞれの部での開閉会式は簡略化して行います。 
  以上、参観者の密回避や子どもたちの熱中症リスク軽減等を考えて苦渋の決断をしました。大変心苦しいのですが、何とぞ、ご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。後日、変更内容についての詳細を本ホームページ「学校からのお便り」にアップします。そちらもご確認ください。

【南小】先生と放課を過ごそう週間

2021年5月19日 12時47分

 今週は児童会主催の「先生と放課を過ごそう週間」です。 ねらいは、「先生やクラスのみんなと仲良くなる」です。梅雨入りしたため放課中も室内で過ごす機会が多くなっていますが、何をするか皆で相談して決めて有意義な時間にしてほしいと思います。
 緊急事態宣言と梅雨、そして蒸し暑さが重なっている今は、感染症対策・熱中症対策のほか、校舎内での過ごし方にも気を付ける必要があります。特に雨天時は、廊下や階段が大変滑りやすくなっているため、転んでけがをしないようゆっくり歩かなければなりません。本校の教職員が水切りやモップ等で廊下・階段等の水分を取り除いていますが、それでも、南っ子の安全・安心の確保に十分ではありません。感染症対策・熱中症対策、そして室内での過ごし方について、「自分の身(命)は自分で守る」意識を更に高めていく必要を感じています。ご家庭でも、度々話題にしていただけると幸いです。

【南小】南小の感染予防動物

2021年5月18日 17時15分

 南小学校の初代感染予防動物は5匹てあらいぐま(手を洗おう)・ますくま(マスクをしよう)・きょりす(距離をとろう)・たいおんけん(体温を測ろう)・そうだんごむし(困ったときは相談しよう)」です。昨年度の初めに登場したこの動物たちは南っ子たちにすっかり浸透し、皆がしっかり守ろうと努めています。しかし、コロナ禍がなかなか終息しないため、昨年度の途中から新たに5匹が加わっています。
 つまり、現在、南小学校には10匹の感染予防動物がいます。途中で加わった5匹は、かんきがえる(換気をしよう)・しょうどくろぶた(消毒をしよう)・はやねずみ(早く寝よう)・はやおきつね(早く起きよう)・あさごぱんだ(朝ご飯を食べよう)」です。
 新型コロナウイルス感染症を予防するため、そして、よりよい生活習慣で丈夫な体をつくるため、10匹の予防動物を意識して生活しましょう。ご家庭でも、この動物名を使っていただけると、楽しみながら感染予防ができると思います。

※10匹の動物キャラクター画は全て本校教員の作品です。

【南小】梅雨入り

2021年5月17日 14時34分

 例年よりかなり早い「梅雨入り」となり、今日もほぼ一日中雨が降っていました。南小学校の運動場は近隣の学校で最大の広さを誇っており、間隔を開けて広々と使えるのが利点です。しかし、池を埋め立てて造成したためか、水捌けには多少の難があります。
 6月2日(水)の運動会に向けて校内は盛り上がってきていますが、この「梅雨入り」がまさに水を差す状況となってしまいました。運動場より狭い体育館での練習は、より感染対策に配慮しなければなりません。
 今後コロナ情勢が改善して、予定通り緊急事態宣言が5月31日(月)に解除されることを願っています。しかし万が一、延長になるようなことがあれば、宣言の解除を待ったり実施方法を見直したりしてでも、大切な学校行事である運動会は実施したいと考えています。南小学校の感染予防動物てあらいぐま(手を洗おう)、ますくま(マスクをしよう)、きょりす(距離をとろう)、たいおんけん(体温を測ろう)」等を常に意識して行動することが、感染拡大を防ぎ緊急事態宣言の解除にも繫がると思います。
 共に頑張りましょう!