教育目標 ・ 児童数

校訓 「明るく」
   「つよく」
  「のびのびと」

  
校訓の「明るく」「つよく」「のびのびと」のもと、知・徳・体の調和のとれた人間性豊かな児童の育成をめざす。

  < めざす児童像 >
                                              
 
心豊かで、思いやりのある子
 自ら学び、深く考える子
 心や体を鍛え、たくましい子
  
  < めざす学校像 >
                                              
 
笑顔のあふれる学校
 あいさつのあふれる学校
 思いやりのあふれる学校
   



【学校経営の基本方針】
 
  全教職員の共通理解と協働体制のもと、心の通い合った人間関係の中で、めざす児童像の具現化に努め、児童も教職員も明日が待ち遠しくなるような学校づくりを進める。
 
ア 一人一人の子どもを大切にする。
(ア)児童理解に努め、一人一人のよさを把握し指導に当たるとともに、児童の自尊感情を高め、「心の居場所づくり」に努める。
(イ)特別な教育的支援を必要とする児童に対して、その特性に応じた適切な支援を全校体制で進める
イ 安心・安全な学校づくりに努める。
(ア)児童が安心して安全に生活できるよう、環境整備に努める。
イ)自分の命は自分で守ることができる能力や態度を育成する。
ウ 教師力の向上を図る。
(ア)教職員としての使命と責任を自覚し、社会的視野を広げるとともに、常に研修に努め、力量向上を図る。
(イ)指導方法の工夫等により、分かる・できる・楽しい授業を推進し、学習意欲の向上や学力伸長を図る。
エ 開かれた学校の実現に努める。
 (ア) 家庭・地域・関係諸機関と連携し、相互の信頼と協力のもとに各種行事等を行う。
 (イ) 地域人材を積極的にゲストティーチャーとして活用する。

 

【重点努力目標】 

 

ア 「チーム相野山」として、全教職員で全校の児童を育てるという意識の具現化を図る。
イ 通学分団や児童会等の異学年による活動や縦割り活動を充実し、望ましい交友関係を通して、心豊かで思いやりのある児童の育成に努める。
ウ 研究授業をはじめ、日常的に教員間で互いに授業を公開するよう努め、学び合う。
エ 業務改善のための具体的な取組を進め、教職員が心身共に健康的に教育活動に従事できる環境づくりに努める
オ 学年通信、各種たよりやホームページを充実するとともに、家庭・地域との連携をより一層深め地域に根ざした信頼される学校づくりに努める。

※令和3年4月1日現在※

【児童数(家庭数)】
245人(187人)

13学級

(特別支援学級2学級含む)

相野山小学校の周辺地図