先生たちがブツブツブツ…

くるりんバスとリニモに乗って。

2022年1月13日 14時45分

こんにちは、村瀬です。

朝、運動場や植え込みにうっすら雪が積もっていて驚きました。

ぶつけ合うには少なすぎるので、

合戦をしている子どもはほとんどおりませんでした。

 

そんな予報だったかしらと首を傾げていたら、

「村瀬、今年もしっかり、天気操(あやつ)るよねえ」

と、隣の席のY先生がにやついています。

それもそのはず、

今日はあいあい学級の校外学習の引率者として、

村瀬も名を連ねていたからです。

 

というわけで、

いつ降りだしてもおかしくない空模様の下、

今日は「トヨタ博物館」へと足を運びました。

個人的には7年ぶりの来館です。

 

今回は「くるりんバス」と「リニモ」に乗って目的地に向かうという、

子どもたちにとってはちょっとした冒険的スケジュールです。

考えて見ると、村瀬は「くるりんバス」の乗車は初めてのことでした。

そして「リニモ」も、

我が娘「まーがれっと」(通称)が3才の頃、

母親が不在でぐずりまくっていたときに、なだめる手段として乗車し、

藤が丘-八草間を意味もなく3往復したとき以来でした。

 

村瀬と同様に、

乗車が初めてだったり久しぶりだったりする子どもばかりで、

わくわくしている様子が見てとれました。

「リニモ」では、自分で乗車券を購入する体験もしました。

これはとっても大切な学びの場になったと思います。

 

博物館では、事前学習で見ていた自動車を探したり、

いただいたパンフレットの写真に乗っているものを探したりして、

楽しみながら見学することできているようでした。

 

今回も多くの保護者のみなさんにご参加いただきました。

そのおかげで、学びを深めることができたのだと思います。

本当にありがとうございました。

 

あいあい学級では、まだ幾つか校外学習を予定しております。

暗い影が急速に忍び寄ってきておりますので、

今後のスケジュールも心配です。

しかし、子どもたちの姿を見ていると、

どうにか実施したいという思いが強くなります。

 

ういるすなんて、

この極寒の風に宇宙まで吹き飛ばされてしまえ。

そんな夢想を描きつつ、身を縮めながら帰路についていた、村瀬なのでした。

 

それでは、また。