先生たちがブツブツブツ…

命を守るために。

2022年11月21日 17時34分

こんにちは、村瀬です。

夜中の荒天とは打って変わって、

昼中は穏やかな天候でしたね。

清々しい秋空が広がっていたにも関わらず、

相野山小学校には、雷が落ちました。

他でもない、村瀬が落としたのです。

 

本日は避難訓練でした。

その様子が、

相野山小の子どもたちらしくない、

集中を欠いたものに感じました。

そこで、久しぶりに、

声を荒げ、全力で、

思いの丈(たけ)をぶつけたのです。

普段のぼけ~っとした村瀬との違いに、

怯えていた子も見受けられ、申し訳なかったですが、

真剣に叱りました。

 

担任のときもそうでしたが、

避難訓練を行うときは、

「鬼になる」と宣言しています。

他でもない、「命を守る」ためだからです。

事が起きたとき、

本心としては、

一人ひとりに手を差し伸べ、助けてあげたいところですが、

現実には到底不可能です。

そばに大人がいなくても、

自分の命を自分で守れるようにするために、

繰り返し繰り返し訓練を行っています。

 

少しの行動の違いが、命運を左右するということは、

痛々しく刻まれた震災の歴史が証明しています。

いいかげんに訓練を行うことは、

意味がないどころか、

いざというとき、マイナスに作用してしまうように思います。

ですので、

今回のような集中を欠く様子を見かけると、

「鬼」になって叱るのです。

 

急にマックスの声を出し続けたおかげで、

のどが「とび」ました。

声がしゃがれております。

しかし、もしも、

私たち教職員が、

自分たちの命を守るために真剣なんだと、一人でも感じ、

行動が変わっていったのなら、

本望です。

 

ご家庭でもぜひ、

今日の訓練の様子を聞いてみてください。

そして、もしものとき、

命を守るためにどういう行動をとるべきか、

話し合ってみることをお勧めします。

 

今回は、まじめぶつぶつで申し訳ありません。

次回は、ほのぼのぶつぶつを記せるといいなあ。

 

それでは、また。