先生たちがブツブツブツ…

誇りに思うこと。

2022年11月25日 12時29分

こんにちは、村瀬です。

間もなく、11月が終わりますが、

今日も20℃を超える予想。

もう冬を飛ばして春が来てしまうのではないか。

そんなことを考えているこの頃です。

それと併せて、

ひょっとしてこの暖かさは、

あのイベントが影響を与えているのではないか、

と、怪しんでいる村瀬もいます。

そうです、

「サッカーワールドカップ」です。

 

先日の日本の勝利には、おったまげました。

夜中ではありましたが、日本中で歓声が上がったことかと思います。

この歴史的快挙に、

どこかの国と同じように、

翌日は祝日だと発表されるかも、とわくわくして、

しばらくNHKを見続けてみましたが、

無駄に夜更かしすることになっただけでした。

ちなみなか、村瀬も息子まいける(通称)と一緒に観戦しておりました。

が、まいけるは眠気に勝てず、途中退場しました。

その直後、日本は同点に追いつき、さらには逆転するという展開。

運の弱ささえ遺伝するのかと驚いた父です。

しかし今回、父はばっちり、歴史的快挙の瞬間を見ました。

不運を譲り渡したのかもしれません。

許せ、息子。

 

ところで、今回の大会でも、

日本のサポーターや選手のマナーの素晴らしさが、

世界中で称賛されています。

誇りに思える話です。

 

本日廊下を歩いていたら、

おそらく3年生だと思いますが、

男の子が廊下に落ちていたごみを、

さりげなく拾っていました。

普段からそういう行動ができている子かもしれませんし、

今回のニュースに影響を受けたのかもしれません。

どちらにしても、

さりげない「思いやり」を大切にできる、

そんな国民でありたいと思いますし、

そんな子どもに育ってほしいとも思います。

そのためにはまず、

私たち教師から、私たち大人から、

そのように感じます。

 

考えるだけではだめだ。

よし、行動だ。

というわけで、

むやみにごみを拾っていた、村瀬なのです。

 

それでは、また。