日進市立東小学校のホームページにようこそ

          ● ● ● 日進市立東小学校  ● ● ● 
                      ※ 創立 明治45年2月1日 日進東部尋常小学校 
                      ※ 東小学校は、平成23年に100周年を迎えました。

     〔所 在 地〕    〒 470-0111
              愛知県日進市米野木町北畑8-3  
              TEL:0561-73-2227    FAX:0561-74-0164

     〔交通案内〕 名鉄豊田線米野木駅下車     北へ約2000m
              名鉄バス名商大線「東仲」下車 北へ約400m

今月のオレンジキッズ

 東小学校の子どもたちの日々の活動を中心に、リアルタイムに近い形でお伝えするコーナーです。「オレンジキッズ」というタイトルには、学校カラーのオレンジに、オレンジ色のもつ「明るい」「あたたかい」「生きるエネルギーの元の色(いきいき・力強い・元気など)」というイメージを重ね、子どもたちのよりよい成長を願うという思いを託しています。「オレンジだより」とともにご覧ください。

オレンジキッズ

4月30日

2021年4月30日 11時54分

 米野木東交差点から米野木駅に南進する道路、普段は激しい渋滞をしていますが、今日は車列がありませんでした。大型連休のお陰なのでしょう。学校は授業がありますので、お家の方がお休みで児童は学校という家庭では、朝にちょっとしたドラマがあったかもしれませんね。明日から5連休です。連休中はコロナ対策を心掛け、楽しく過ごしてほしいと思います。交通事故には十分気を付けさせてください。

 新米野木橋から川を見ると底が見えないくらい濁っています。田植えの準備の影響でしょう。遊歩園のクヌギは樹液を出し始めました。スズメバチがやって来る日も近いです。樹液が多く出ている場所にはヨツボシケシキスイがいました。1㎝の黒色に赤色の紋が入った甲虫です。クワガタに会える日も近いです。ルリクワガタマニアはこの連休を利用して山間地のブナ林へ行くようです。

4月27日(火)

2021年4月27日 11時57分

 体の小さな子からすると登下校の道のりは大変でしょうね。上級生に背を押されるようにして歩いている1年生を見ます。「1年生のスピードに合わせてあげてね」と声を掛けています。2年前には、しっかりそれを守ってくれていた班長さんがいました。安全第一ですから、遅れたからと言って叱ることはありません。3年前には、1年間ずっと班長さんに背中を押されていた1年生は、現在普通に歩いています。歩くっていいことだと思います。四季の移り変わりを肌で感じることができ、動植物との出会いがあります。目を凝らし、耳を澄ますといろいろなことに気づきます。今朝も米野木台方面を歩いていました。新米野木橋から川を見下ろせば、大きな鯉を見ることができます。ただの黒い鯉ではなく、茶色がかって鱗模様が網目に見えるのもいます。橋の下からはイワツバメが勢いよく飛び出てきます。大型連休後からが本当の学校生活のスタートです。1年生にとっては登下校大変ですが、慣れるしかありませんね。

 来賓玄関前のパッションフルーツは冬を乗り切れず枯れてしまいました。今年はヘチマで緑のカーテンを作ることにします。ヘチマは熱帯性植物のようで発芽させるためには温度が必要です。温度が低いと発芽まで3週間以上かかることがあります。今年は2週間かからず発芽しました。

4月26日

2021年4月26日 16時18分

 本校は今年度創立110周年です。運動場で児童による人文字を作り、ヘリコプターから写真撮影を行いました。その写真については後日販売します。好天が続いていて運動場表面はカラカラで風が吹けば砂塵が舞います。花壇の水やりを忘れずしておきます。アンネのバラが咲きました。オレンジ色です。来賓玄関前にあります。今年は丈を大きくしたいです。

 北新町や五色園の水田では田植えが終わった所もありました。学校付近の柑橘系果樹の蕾も大きく膨らんできました。コロナにかかわらず季節は進んでいます。あすなろ学級のイチゴ畑は大きな実がなっています。網を掛けたので鳥に盗られることはなくなりました。どんぐり学級のプランターのイチゴも赤く色付き始めました。網は掛けましたが防鳥用ではないので心配ですが今のところ大丈夫なようです。プール南側あすなろ学級の畑は夏野菜用の土づくりを始めました。この畑は10月までしか使えません。畑としては最後の年度を迎えました。

4月23日(金)

2021年4月23日 15時17分

 朝の散歩は機織池方面へ行きました。ノコギリクワガタが捕れる木があるので見てきました。まだ樹液は出ておらず目当ての虫はいませんでした。カミキリムシの幼虫が棲んでいる木は、幹のいたる所から木屑がこぼれ出ていました。カミキリムシの幼虫は生木の中で成長します。成虫になって木から出てくる穴が、鉄砲玉の痕のように見えるのでテッポウムシとも呼ばれています。クワガタに比べ種類は圧倒的に多く、国内には1200種を超える種類がいます。

 コロナウィルス感染は続いています。変異株は若年層にもかかりやすいとか言われていますが、手洗い・うがい・消毒をして防ぎましょう。「スティ ホーム」と昨年の今頃も言われていました。活動的な人たちには辛い日々が続きますね。私の趣味はプラモデル作りなので全く苦になりません。ガンダムマークⅤの仮組をしようと思います。

4月22日(水)

2021年4月22日 12時29分

 昨年度一度もできなかった授業参観を行いました。保護者の皆様には様々な制約を守っていただきありがとうございました。今回の反省をもとに次回の授業参観の計画を立てたいと考えます。特に駐車場問題は深刻で、担任以外の職員が総出で対処しましたが、円滑に駐車できず、ご迷惑をお掛けしたことをお詫びします。自家用車での来校については制限して行く方向で考えていきます。よろしくお願いします。

 学校周辺の田んぼは、田植えの準備が着々となされています。水が張られている所も目にします。昨年度は田んぼへのいたずらに関して地域の方から一度注意をされました。各ご家庭におかれましてもお子様に注意喚起をお願いします。しかし、毎朝田んぼの畦で拾うのは、缶・たばこの吸い殻・コンビニ弁当のトレイです。大人の方がもう少ししっかりしてくれないといけません。

<オレンジ群団の由来>
  かつて昭和の終わりごろ、愛知郡(その当時は日進町)では「愛知郡小中学校陸上競技大会」が行われていました。当時、東小学校は昭和52年度~昭和59年度までの8年間、「8年連続総合優勝(8連覇)」を達成しており、陸上競技大会の会場(青少年公園が多かった)は、どの種目を見ても「東小のユニホームの色(オレンジ)」が走り回っていました。
 午前の予選から、午後の決勝まで走り回り、フィールドも含めことごとく上位を独占していました。その「東小のユニホームであるオレンジ色の選手たち」を見て、他校の選手たちは「オレンジ群団!」と尊敬の意味を込めて呼んでいました。
① 「オレンジ群団」 創立100周年を記念して
           日進市小学校球技大会において
                  サッカー部・バスケット部 
                    史上初のアベック 優勝 達成!!


 <バスケットボール部 優勝>




 <サッカー部 優勝>






② オレンジの正門               ③ オレンジの朝礼台(運動場の象徴)
 

④ オレンジの体育館扉       
 

⑤ オレンジ群団を見守る伝統ある市電   ⑥ オレンジ群団象徴の校旗
 

⑧ 100周年記念時計塔「オレンジカラーの文字盤」

 

お願い

※ このホームページの画像の著作権は日進市役所教育総務課にあります。
 日進市役所教育総務課の許可なしに画像の加工、転載、複製はお断りいた しま 
 す。
                                          
         

※ 人物の特定ができる写真については、年度初めに保護者の方の許諾を得て 
 掲載しています。また、悪用を避けるために画素数を落とし、拡大させると不鮮明 
 になるよ
うに努めています。