今日の給食

7月4日(月)給食

2022年7月4日 15時19分

 DSCN3482.JPG

 今日の給食は、ごはん、牛乳、いわしの梅煮、青じそあえ、ピリ辛豚汁です。

 ピリ辛豚汁は、豆板醤を使って味付けした汁物です。辛みが刺激になって食欲をそそります。

 青じそは、別名「大葉」とも呼ばれる緑色のしその葉です。青じその大きな特徴は、清涼感のある香りです。これは「ぺリルアルデヒド」という精油成分によるもので、食欲増進や腐敗防止、発汗などの作用があります。主な産地は愛知県や茨木県などです。旬は夏ですが、施設栽培で作られたものが周年出回ります。今日は、愛知県産の青じそをキャべツやもやしと一緒にしょうゆやみりんであえました。味わってたべましょう。

 6年2組では、ピリ辛豚汁やいわしの梅煮が人気でした。ピリ辛豚汁の味付けは「もっと辛くても平気!」と言う子がいるくらい、6年生にとってはあまり辛くなかったようです。

 いわしの梅煮は、身が柔らかく食べやすい魚なので、どの子もよく食べられていました。ごはんにたれをかけておかわりをする子がたくさんいました。梅のさわやかな酸味が食欲をそそりましたね。

7月1日(金)給食

2022年7月1日 15時39分

 DSCN3480.JPG

 今日の給食は、キムタクごはん(ごはん)、牛乳、枝豆コロッケ、韓国風スープです。

 韓国風スープは、牛肉とにんにくを炒めた後、にんじんとたまねぎを入れてさらに炒め、中華だしで煮立てて、ねぎやもやし、卵を入れて仕上げたスープです。にんにくの香りが食欲をそそるスープです。 

 枝豆は、大豆がかたーい豆として成熟する前の、若い状態で収穫したものです。名前だけでなく、含まれる栄養素にも違いがあります。枝豆には、ビタミンが多く含まれ、野菜の仲間になります。しかし、大豆になるとたんぱく質が多く含まれるようになり、肉や魚のように体を作る食品の仲間になります。不思議ですね。今日は、旬の枝豆をじゃがいもやたまねぎと混ぜてコロッケにして提供します。味わって食べましょう。

 1年2組では、枝豆コロッケやキムタクごはんが人気でした。コロッケの枝豆の食感が好きな子が多く、よく食べられていました。給食のキムチも食べ慣れてきたようで、ごはんに上手に混ぜて、もりもり食べられていました!

6月30日(木)給食

2022年6月30日 15時47分

 DSCN3479.JPG

 今日の給食は、五目うどん(白玉うどん)、牛乳、はんぺんのお好み揚げ、たくあんのおかかあえです。

 はんぺんは、スケトウダラなどの魚肉のすり身に山芋やでんぷんを加え、蒸し固めたやわらかい感触の練り物です。おでんやすまし汁に入れたり、焼いたりして食べるとおいしいですね。

 はんぺんがふわふわしているのは、卵白や山芋など発泡性がある材料を使うことに加え、アイスクリームを作るときと同様に、かき混ぜる過程で材料に空気を含ませているからです。給食のはんぺんには、卵や山芋は含まれませんが、空気を含ませながら作られているので、ふわふわの食感になります。

 今日は、はんぺんにあおさ粉、紅しょうが、てんぷら粉をまぶして油で揚げました。残さず食べましょう。

 6年2組では、はんぺんのお好み揚げや五目うどんが人気でした。暑い日が続いているため、子どもたちの中には、食欲が落ちている子もいました。白玉うどんを半分以下にしてしまうと、1年生よりも食べる量が少なくなってしまいます。(白玉うどんの量:1年生160g、6年生200g)

 暑い日こそ給食をしっかり食べて、塩分やエネルギーを補って欲しいのですが。食べないと体力も落ちてしまうので、一口でも多く頑張って食べられるといいですね。

 DSCN3478.JPG

6月29日(水)給食

2022年6月29日 14時37分

 DSCN3475.JPG

 今日の給食は、ごはん、牛乳、しゅうまい(2個)、もやしのナムル、八宝菜です。

 八宝菜は中華料理の一つで「五目うま煮」とも言われます。お肉やいろいろな料理を炒め合わせたものです。八宝菜の「八宝」には、めずらしい材料を数多く合わせるという意味があります。材料を油で炒めて味付けし、でんぷんでとろみをつけます。今日の八宝菜には、10種類の材料が使われ、いろいろな食材の旨味がたくさん詰まっています。使われている食材を確認しながら食べましょう。

 3年3組では、もやしのナムルやしゅうまいが人気でした。3組の児童は、午前中、給食センターの見学へ行くことができたため、「いただきます」の前から「今日は絶対に残さない!」と気合十分でした。

 実際に、たくさんの調理員さんが一生懸命給食を作っている様子を見ることができ、その迫力と大変さに驚いたようです。調理員さんの思いに応えて、子どもたちも一生懸命食べることができました!

 明日からも感謝して大切に食べられるといいね!

DSCN3476.JPG

6月28日(火)給食

2022年6月28日 14時12分

 DSCN3474.JPG

 今日の給食は、ごはん、牛乳、ハンバーグのおろしポン酢かけ、キャベツとツナの和風サラダ、おじゃがもち汁、志摩市産あおさのりのつくだ煮です。おろしポン酢は、市販のポン酢は使わず、給食センターで手作りしたものです。大根おろし、米酢、しょうゆ、みりん、レモン汁、だし汁を煮立てて作りました。さっぱりしていて、暑い日にぴったりな味付けになっています。

 志摩市産あおさのりのつくだ煮は、三重県志摩市の海でとれたあおさのりを使用しています。

 日進市と志摩市は、「友好都市」であり、今回も無償で提供していただくことができました。志摩市のみなさん、ありがとうございます。

 あおさのりのつくだ煮には、ヒトエグサと呼ばれる海藻が使われ、地域によって「あおさのり」または「あおさ」とも呼ばれます。基本的には網を張って養殖されます。おみそ汁やつくだ煮にするのは、この「あおさのり」です。沖縄県の郷土料理「アーサ汁」もこのあおさのりを使っています。あおさのりには、独特の香りと粘りがあります。ごはんにのせて食べましょう。

 あじさい学級では、ハンバーグのおろしポン酢かけやおじゃがもち汁が人気でした。1年生の中には、あおさのりのつくだ煮を初めて食べる子もいました。まずは、ごはんに少しあおさのりをのせて、味を確かめながら慎重に食べていました。食べ終わった後は、「もっと食べたーい!」と嬉しい感想も聞くことができました。今日は、いつもよりごはんがきれいに食べられました。食器もピカピカでした!

6月27日(月)給食

2022年6月27日 13時57分

 DSCN3468.JPG

 今日の給食は、ごはん、牛乳、いわしの八丁みそ煮、切り干し大根のあえもの、かきたま汁です。

 卵は、生でごはんにかけてもよし、溶き卵スープに入れてもよし、好きな固さにゆでるのもよし、オムレツに目玉焼きにだし巻き卵と焼くのもよしと、あらゆる食べ方ができる上に、栄養素もたっぷり含まれる世界中で愛されている食材です。

 日本は、世界で3番目に多くの卵を食べている国で、一人当たり年間329個も食べているそうです。みなさんの好きな卵料理は何ですか?

 今日は、愛知県産の卵を、調理員さんが1個ずつ丁寧に割りほぐしながらかきたま汁の調理をしてくれました。残さず食べましょう。

 1年3組では、いわしの八丁みそ煮やかきたま汁が人気でした。いただきますの後、「いわし」や「八丁みそ」の特徴について知らせると、どの子も興味を持って食べることができました。八丁みそとごはんの相性もよかったので、ごはんもしっかり食べられていました!

 ごちそうさまの後は、恒例の「は~めは~め」の掛け声に合わせて、牛乳パックを畳み始め、最後の「波~!!」の掛け声でカメラに向かって、かっこ良くポーズを決めてくれました!

DSCN3469.JPG

DSCN3472.JPG

6月24日(金)給食

2022年6月24日 14時27分

 DSCN3466.JPG

 今日の給食は、中華おこわ、牛乳、焼きぎょうざ(2個)、きゅうりのごま醤油あえ、春雨スープです。おこわとは、もち米を蒸したごはんのことです。おこわの「こわ」とは、「かたい」という意味を持っています。一般的におこわと言えば、お祝いの時に小豆を入れて炊く赤飯のことを指しますが、他に食材を加えた「栗おこわ」や「山菜おこわ」などもあります。今日は、食べやすいようにもち米に少しうるち米を混ぜて、焼き豚、にんじん、たけのこ、しいたけ、ねぎ、しょうが、えだまめなどの食材と一緒に炊き上げました。

 今日は、非常に蒸し暑い調理場内で、一生懸命ご飯を炊いてくれた調理員さんに感謝して食べてほしいです。味わいながら大切に食べましょう!

 4年5組では、きゅうりのごま醤油あえや焼きぎょうざが人気でした。中華おこわは、もちもちした食感が人気で、よく食べられていました。給食センターで炊くご飯の日は、ご飯の提供量がいつもより多くなりますが、4月から「毎日完食!」を目指している5組では、今日ももちろん完食です!

 一人一人、食べられる量は違いますが、子どもたちが給食と向き合い、食べ物を大切にする気持ちを持って楽しく食べることができています。完食できたときには、クラスみんなで喜びを分かち合います。

 これからも「毎日完食!」が続くといいなと思っています。5組のみなさん、いつも残さず食べてくれてありがとう!

DSCN3465.JPG

6月23日(木)給食

2022年6月23日 11時11分

 DSCN3463.JPG

 今日の給食は、くろロールパン、ホワイトシチュー、チキンナゲット(2個)、フレンチサラダです。

 シチューは、フランスで生まれた料理で、野菜や肉、魚介類の旨味が出たスープで煮込んだ料理のことを言います。シチューの中でも、牛乳や生クリームに、ベーコン、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、じゃがいもを加えて煮込んだものを「ホワイトシチュー」と言い、子どもからお年寄りにまで、幅広い年齢層で食べられている人気メニューです。今日は、米粉のホワイトルウ、ベシャメルソース、牛乳を加えて煮込み、濃厚なホワイトシチューに仕上がりました。味わって食べましょう。

 1年3組では、ホワイトシチューやくろロールパンが人気でした。1年生にとっては、どちらも初めて食べるメニューでした。教室へ行くと、子どもたちから「シチューがとってもおいしかったよ。」や「パンがもっともっと食べたかった。」などなどたくさん感想を聞くことができました。

 今日は、蒸し暑い日のため、食欲が落ちていないか心配でしたが、どの子も残さず完食できていました。すばらしいね。

 ごちそうさまの前には、担任の掛け声「はーめーはーめー」に合わて牛乳パックを上手に畳み、最後の「波~!!」できれいに畳んだ牛乳パックを手に、かっこよくポーズを決める子どもたちでした。4月のことを思うと、子どもたちの成長を感じられ、見ていてて微笑ましく、嬉しくもなりました!

DSCN3462.JPG

6月22日(水)給食

2022年6月22日 11時29分

 DSCN3459.JPG

 今日の給食は、ごはん、牛乳、めひかりの南蛮漬け(3尾)、即席漬け、五目汁です。

 めひかりの正式名称は、「アオメエソ」ですが、青く大きな目は光があたるとキラキラときれいに見えることから、一般的には「めひかり」と呼ばれています。

 愛知県の渥美半島の沖合深くの海で漁獲され、そのほとんどが蒲郡市で水揚げされます。少し苦みがありますが、身がやわらかく脂がのって味のよい魚です。また、骨ごと食べられるので、カルシウムなどの栄養素もしっかりとることができます。よくかんで食べましょう。

 1年生の教室では、めひかりの南蛮漬けや五目汁が人気でした。めひかりを初めて食べる子もいましたが、カリカリの食感が人気でしっかり食べることができていました!

 五目汁は、具沢山で旨味たっぷりで美味しかったですね。具の肉団子が特に人気でした!!

DSCN3460.JPG

6月21日(火)給食

2022年6月21日 16時32分

 DSCN3458.JPG

 今日の給食は、ごはん、牛乳、鶏肉の生姜焼き、れんこんサラダ、すまし汁です。

 しょうがは、独特の香りと辛さが特徴の、夏が旬の野菜です。しょうがには、肉や魚の臭みを消したり、食欲を増進させたり、体を温める効果などがあります。

 今日は、すりおろしたしょうがを鶏肉に漬け込んで焼いたしょうが焼きです。

 お肉にしょうがを漬け込むことで、風味が増したり、肉をやわらかくしたりする働きもあります。しょうがの香りを味わっておいしく食べましょう。

 3年生の教室では、鶏肉の生姜焼きやれんこんサラダが人気でした。鶏肉は、味がしっかり染み込んでいて、やわらかく、おいしかったですね。どの子もよく食べられていました!

 れんこんサラダは、米酢、さとう、油、青じそドレッシングをゆでた野菜と混ぜ合わせたサラダです。 青じそドレッシングを使うことで苦手な野菜も食べやすくなるようです。れんこんのシャキシャキした食感との相性もバッチリです!

栄養教諭より

毎年6月は「食育月間」、毎月19日は「食育の日」です。

 この機会に、私たち一人一人が「食」について改めて意識を高めるとともに、給食の食材や献立に関心をもち、みんなと一緒に食べられる大切さを見直していきませんか?

 給食委員会では「つながる・ひろがる食育」を目指し、3つの企画を考えました。

 その1 給食ビンゴ 

 20220608152643186.jpg 

 6月6日(月)~6月10日(金)にクラスで実施します。みんなでできた項目を1日2つまで丸がつ

 けられます。

 その2 おはなし給食

 給食時間に放送を使って「食べ物に関する絵本」をお読み聞かせします。

 6月17日(金)に実施します。

 その3 給食リクエスト

 食べたい給食、好きな給食などをみんなから募集します。応募の多かった給食を2学期に実現でき

 るようにします。

 5・6年生の23名の給食委員が頑張って活動してくれています!